2017年12月30日 08:21

2000年NASDAQ上場!Weiboの母体となった中国インターネット企業の古参Sina Corporation

今回は、中国のインターネット企業「Sina Corporation」について調べます。


1999年、「Beijing SINA Information Technology Co., Ltd」とカリフォルニアにあった企業「SINANET.com」の2つが合併することによって設立。

2000年4月にはナスダックに上場しており、中国のインターネット企業としてはかなり早い時期にIPOを果たしています。


2005年以降の業績推移を見てみます。

爆発的な成長とはいかないものの、着実な売上成長を続け、2016年には10.3億ドルの売上をあげています。

営業利益率は2010年までは10%以上と比較的高い水準にありましたが、その後はたびたび営業赤字に陥っています。

「中国版Twitter」として数多くのユーザーを抱えるWeiboも傘下におくSina社ですが、その事業の内訳はどのようになっているのでしょうか?

それを見ていきたいと思います。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
中国・アジア Sina Corporation
2019年03月08日 12:00

「Weibo」「YY」「QuToutiao」ユーザー数が伸び続ける中国SNS・メディア企業最新決算

「Weibo」「YY」「QuToutiao」ユーザー数が伸び続ける中国SNS・メディア企業最新決算

今回は中国でSNSやメディアを展開する「Weibo」「YY」「QuToutiao」の最新決算を一気にチェックしていきたいと思います。

Weibo:四半期売上4.8億ドル(+27.7%)、営業利益1.8億ドル(営業利益率38.0%)

最初は中国版Twitter「Weibo」(ティッカーシンボル:WB)です。