2018年11月14日 12:00

国内最大級のIPO!上場が承認された「ソフトバンク」の事業数値を整理

ソフトバンクグループの通信子会社「ソフトバンク」の上場が承認されました。

上場申請資料

ソフトバンクグループは現在99.9%を保有する株式のうち約4割を売り出す予定です。

2兆円を超えるとされている調達資金について、先日の決算説明会で孫氏は「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の資金源に充てると話しています。


目論見書から通信子会社の業績をチェックしてみると、通期の売上は3.5兆円規模に達しています。

営業利益は6,500億円前後で推移しており、18/3期は減益となっています。

営業利益率は約20%で、19/3上半期は24%に上昇しています。


今回のエントリでは国内最大級のIPOとなることが予想される「ソフトバンク」の事業数値を整理していきたいと思います。


個人向け事業が売上全体の75%を占める

「ソフトバンク」の展開する通信事業は「個人(コンシューマ)」「法人」「流通」の3セグメントに分類されます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
国内 ソフトバンクグループ
2017年04月15日 18:17

NTTドコモの事業セグメントと収益内訳

NTTドコモの事業セグメント
セグメント別売上高
セグメント別営業利益
通信サービス収入の内訳

NTTドコモの事業セグメント

NTTドコモは子会社124社、関連会社27社を有するグループからなる。事業セグメントは次の通り。

2019年01月13日 12:10

今年は「5G元年」!モバイルネットワークの歴史から5Gの3つのキーワードまで

今年は「5G元年」!モバイルネットワークの歴史から5Gの3つのキーワードまで
1G〜4Gまでのモバイルネットワークの歴史を簡単におさらい
5Gの鍵となる3つのキーワード:「高速大容量」「多接続」「低遅延」
①「高速大容量」:2時間の映画がたった3秒でダウンロード可能に
②「多接続」:5Gを基盤としたIoT社会が到来
③「低遅延」:自動運転や医療用ロボットの実用化に不可欠な条件

今回は今年から一部実用化が始まる「5G」についてまとめていきます。

5Gは自動運転、動画、AR・VR、医療ロボットなどの基盤を成すテクノロジーです。

2018年12月20日 20:00

D2Cからカジノまで!9-10月の米国IPOで気になった8社を一気にチェック

D2Cからカジノまで!9-10月の米国IPOで気になった8社を一気にチェック
AIによる自動修正機能を搭載したキーボートアプリを配信する「CooTek」(時価総額:5.3億ドル)
中国でヘルスケアプラットフォームを展開する「111, Inc」(時価総額:5.3億ドル)
ブラジルの教育サービス「Arco Platform」(時価総額:10.8億ドル)
家畜からペットまで幅広く動物の健康を管理する「Elanco Animal Health」(時価総額:118.4億ドル)
中国で金融プラットフォームを展開する「Pintec Technology」(時価総額:4.1億ドル)
カジノリゾートを運営する「Studio City International」(時価総額:13.7億ドル)
D2Cでの売上を伸ばすアウトドア品製造メーカー「YETI」(時価総額:11.6億ドル)
EV自動車に用いられるリチウムバッテリーを開発・製造「Livent」(時価総額:22.4億ドル)

アメリカではクリスマス休暇ムードが漂う季節となってきました。

今回は2018年9月から10月にかけて、米国でIPOを行った企業のうち、気になった8社について一気にまとめていきます。


2018年11月30日 07:00

シャープの『ロボホン』も全国展開!競合ひしめくMVNO市場で独自のポジションを築く「ベネフィットジャパン」

シャープの『ロボホン』も全国展開!競合ひしめくMVNO市場で独自のポジションを築く「ベネフィットジャパン」
PHSの取次業者として1996年に創業。18/3期の売上が51.7億円に急増(+23%)
加入取次からMVNO事業へのシフトに成功。回線サービス利用数は5万人を突破
郊外のライト層をターゲットとした「コミュニケーションセールス」が販売戦略の要
売上原価率が大幅に改善(59.2%→38.9%)、現在の時価総額は54.4億円
長期目標は会員数100万人。『ロボホン』利用者数は前年の3倍に増加

今回取り上げるのはMVNO(仮想移動体通信事業者)など通信サービスを手がける「ベネフィットジャパン」(証券コード: 3934)です。

公式HP


2018年11月24日 12:00

印鑑ECシェアNo.1など7社!11月の新規上場企業まとめ②

印鑑ECシェアNo.1など7社!11月の新規上場企業まとめ②
 印鑑ネット通販シェア1位の「AmidAホールディングス」 
解体工事を受注する「田中建設工業」 
入居率99.3%の投資用不動産を提供する「グッドライフカンパニー」
産業用塗料の販売高が国内No.1の「オーウエル」
全戸一括型のインターネット導入サービスで国内No.1の「アルテリア・ネットワークス」
人材育成の支援事業を手がけている「アルー」
600社以上のEC事業会社を支援する「ピアラ」

11月に新規上場を承認された18社のうち、まとめきれていない残り7社についても「11月の新規上場企業まとめ①」と同様にまとめていこうと思います。

 印鑑ネット通販シェア1位の「AmidAホールディングス」