子会社の再編費用で赤字が拡大!「RIZAPグループ」2019年3月期2Q決算

子会社の再編費用で赤字が拡大!「RIZAPグループ」2019年3月期2Q決算

2018年11月17日 20:00

「結果にコミットする」のフレーズでおなじみの「RIZAPグループ」(証券コード: 2928)が2019年2Q決算を発表しました。

2019年3月期2Q決算説明資料

これまでに数多くのM&Aを繰り返してきたことでも知られ、グループ会社の数は合計で85社に達しています。


四半期売上569億円(+67.8%)、営業損益 -51億円(通期見通しを+230億円から-33億円に修正)

RIZAPはM&Aを繰り返しながら売上規模を拡大しており、今四半期は569億円まで増加しています。

しかし、営業損失額は赤字に転じた前四半期からさらに拡大して51億円に膨らんでしまいました。


19/3上半期の現状を受けて、彼らは営業損益の通期見通しを大幅に下方修正しました。

当初は営業利益230億円を見込んでいましたが、一転して-33億円の赤字としています。

RIZAPグループは下方修正額-230億円の内訳を公表しており、M&Aの凍結による影響が103.6億円としています。

これは「M&Aによる割安購入益」の減少を指していると考えられます。

これまでRIZAPは純資産よりも買収価格の低い企業をM&A対象としており、その差額である「割安購入益」を大きな収益源としていました。

今期はM&A凍結によって「割安購入益」がなくなる影響が103.6億円にのぼるようですが、修正額全体に占める割合は45%程度。

その他に100億円以上の損失要因が存在しているということになります。

今四半期の赤字が51億円にのぼっている要因がどこにあるのか、最新決算をチェックしていきたいと思います。


買収子会社の不採算による特別損失で「プラットフォーム」事業が37億円の赤字

80社以上のM&Aを繰り返してきたRIZAPグループは今期から事業セグメントを再編成しています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
最新決算 RIZAPグループ
RIZAP関連事業が55億円の大幅減収!営業黒字化も疑念が残る「RIZAP」2019年3Q決算まとめ

RIZAP関連事業が55億円の大幅減収!営業黒字化も疑念が残る「RIZAP」2019年3Q決算まとめ

2019年02月16日 20:00

「結果にコミットする」のフレーズでおなじみの「RIZAPグループ」(証券コード: 2928)が2019年度3Qの決算を発表しました。

M&Aを凍結し、買収先の経営再建に努めていることで注目を集めているRIZAP。

しかし、ここに来て本業のRIZAP事業に異変が起きていたのでその点についても確認していきます。

ベッカムやザッカーバーグも愛用!アメリカのフィットネスユニコーン「Peloton」

ベッカムやザッカーバーグも愛用!アメリカのフィットネスユニコーン「Peloton」

2019年01月22日 20:00

今回はアメリカのフィットネスユニコーン「Peloton」について見ていきたいと思います。

PelotonはAppleやAmazonなど世界的な企業よりもNPS(顧客の企業に対する信頼・愛着を数値化した値)が高いです。


2年半で62社がグループに参入!赤字拡大でM&Aを凍結した「RIZAPグループ」の上場子会社まとめ

2年半で62社がグループに参入!赤字拡大でM&Aを凍結した「RIZAPグループ」の上場子会社まとめ

2018年12月22日 07:00

2019年2Q決算では増収するも赤字幅を拡大したRIZAPグループは原則としてM&Aを凍結して、経営再建に集中すると発表しました。

RIZAPグループは積極的に買収を行なっており、2016年3月末時点では23社だったグループ会社が2018年9月末時点には85社まで増えています。

『ReFa』が韓国で人気爆発!『SIXPAD』も好調の「MTG」2018年9月期決算

『ReFa』が韓国で人気爆発!『SIXPAD』も好調の「MTG」2018年9月期決算

2018年11月19日 07:30

『SIXPAD』等を展開する「MTG」(証券コード: 7806)の2018年9月期決算が発表されました。

2018年9月期決算説明資料


『カーブス』のプロテイン売上が40%増!カラオケ事業の収益性も右肩上がりの「コシダカホールディングス」

2018年10月22日 20:00

カラオケ『まねきねこ』やフィットネスクラブ『カーブス』などを展開する「コシダカホールディングス」(証券コード:2157)の2018年8月期決算が発表されました。

18/8期決算説明資料