テスラからルンバ、NetEaseなど!昨晩発表された海外の注目決算4社のまとめ

昨夜の気になる海外決算を4社ほどまとめてみたいと思います。今回扱うのは、電気自動車メーカーの「Tesla」、お掃除ロボット「ルンバ」の製造元「iRobot」、中国インターネット企業の「NetEase」、アメリカ版食べログの「Yelp」です。


Tesla, Inc.:四半期営業キャッシュフローがプラスに!

まずは電気自動車を作っているテスラです。代表のイーロン・マスクが有名。

まずは年次業績の推移を見てみます。

2017年の売上高は117億ドルと前年から68%の成長。営業損失は16億ドル(前年は6.7億ドル)となっており、赤字は拡大しています。

なぜ赤字が拡大しているかを探るため、売上高の内訳とコスト構造を見てみます。まずは売上高の内訳から。

車両の販売は85億ドルを売り上げています。その一方で、リースが11億ドル、発電・ストレージが11億ドル、その他が10億ドルと、周辺事業も伸びてきているようです。

割合で見てみます。

車両販売の売上比率は72.6%まで減少し、リースとエネルギー・ストレージが9.4%ずつ、サービスが8.5%に増大しています。

車両の比率が下がったら、利益率はむしろ上がりそうなもんですが、実際にはますます下がっています。コスト構造はどうなっているのでしょうか?

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加