WeChat Payのオフライン決済額が前年の3倍に!「テンセント」2018年3Q決算

2018年11月18日

中国のインターネット業界を牽引する「テンセント」の2018年3Q決算が発表されました。

2018年3Q決算説明資料

テンセントといえばMAU10億人以上を誇るSNSサービス「WeChat」の印象が強いですが、ゲームや音楽、動画などコンテンツプロバイダーとしても絶大な影響力を持っています。


四半期売上は806億元(+23.6%)、営業利益279億元(営業利益率: 34.6%)

今四半期の売上高は806億元(1.3兆円)、営業利益は279億元(4,574億円)です。

これまで成長スピードが尋常ではなかったというのもありますが、今四半期は売上成長率は23.6%と減速感が表れています。

一方、営業利益率は再び30%台に上昇しています。


WeChat Payのオフライン決済額が前年の3倍に増加し、売上の25%が「その他」収益に

テンセントの業績を牽引してきたゲーム課金は、前年から3%の減収に転じています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加