世界シェアわずか1%未満!日本はなぜ『eスポーツ後進国』になってしまったのか?

世界シェアわずか1%未満!日本はなぜ『eスポーツ後進国』になってしまったのか?

2018年11月22日 12:00

今年の2月に日本eスポーツ連合(JeSU:Japan esports Union)が発足され、eスポーツは国内でも少しずつ盛り上がりを見せてきています。

『ストリートファイター』や『大乱闘スマッシュブラザーズ』など海外の大会で使われているIPはあるものの、一方で日本は『eスポーツ後進国』とも呼ばれています

なぜ日本はeスポーツ後進国になってしまったのでしょうか?

世界との比較を踏まえて、まとめていきたいと思います。

eスポーツの世界市場規模701億円に対して、日本は5億円未満

eスポーツの世界市場規模ですが、総務省が発行している調査資料によると右肩上がりで増加しており、2021年には1,766億円ほどになると予測されています。

年平均22%近くで成長を続ける予測となっており、今後もハイペースで拡大していくことがわかります。

この続きを見るには
(2439文字 画像8枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
業界特集
0v4yhklnvm9z9 fpe6u25w

Switchの大ヒットで売上が2倍に!歴代ゲームと売上を合わせて見ていく「任天堂」の劇的な復活

2019年02月18日 20:00

今回は名だたる人気ゲーム機を販売してきた「任天堂」(ティッカーシンボル:7974)についてまとめていきたいと思います。

C34jpeshhc5cadpxqcpukw

スポンサー収入が爆増!eスポーツプラットフォーム「Super League Gaming」が上場申請

2019年01月14日 20:00

前回eスポーツの歴史やeスポーツ関連のスタートアップ(前編後編)について特集しました。

Lphqihhre6vl r5 mhpgww

いまさら聞けないeスポーツの歴史〜市場規模まで!eスポーツ大特集

2018年12月28日 20:00

今回まとめるのは海外を中心に急速に成長しているeスポーツです。