遠隔医療サービスにも参入!複数のメディアを運営する「ポート」が新規上場

2018年11月20日

2018年11月16日、「ポート」(証券コード:7047)が上場承認を受けました。

今回は新たに上場する「ポート」についてまとめていきたいと思います。

売上は19.3億円(+105%)、経常利益は-1.4億円

「ポート」は2011年に春日博文氏によって創業されました。

1988年、春日氏は埼玉県に誕生。高校卒業後に一浪の末、学習院大学に入学します。

春日氏は教師を目指し学習院大学に入学するも、一年間はただ遊んで大学生活を過ごしていました。


しかし、このままではいけないと思い、大学生が運営する日本最大級のビジネスコンテスト『TRIGGER(トリガー)』の立ち上げに携わります。

春日氏はトリガーの協賛企業を探すために営業を行い、4カ月で400万円を獲得。

その営業活動を通して、大手企業から『いい学生を紹介してほしい』という相談を個人的に受けるようになり、個人事業として人材紹介やメルマガ配信などを開始します。

春日氏は当時大学生だったことが強みで、個人事業のユーザーは1万人規模に拡大

さらにポートを創業する直前に起きた東日本大震災では、被災した就活生と企業をつなぐイベントなどを開催。

それらで培ったノウハウをもとに日本で流行し始めていたFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用した採用サービスを開始。


学習院大学卒業後の2011年にポートを創業し、2013年に現在の中核サービス「キャリアパーク!」を開始します。

その後、金融メディア「マネット」や医療メディア「オンラインクリニック」をリリースしています。

そして2018年12月21日に東証マザーズに新規上場予定となっています。

まずはポートの売上推移から見ていきましょう。

2014年には2.1億円だった売上が、2017年には19.3億円に増加しています。

2017年の経常利益はマイナス1.4億円となっており、徐々に黒字化に近づいています。

売上成長率を見てみると2014年には62.6%だった売上成長率は2017年には105%にまで上昇。

売上成長率は年々加速しています。


売上成長率が加速しているポートですが、一体どのような事業を運営しているのでしょうか。


キャリアサービスの売上増加(2.3億円→4.1億円)・ファイナンスサービスの売上増加(1.7億円→3億円)

ポートの事業は主に「キャリアサービス」と「ファイナンスサービス」の2つに分けられます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
新規上場