現在はまだ小さいがとても大きな可能性を感じさせる「Twilio」のビジネスモデル

2017年12月13日 15:27

今回は、開発者向け有料APIの提供でナスダック上場を果たした「Twilio」について調べます。

創業者のジェフ・ローソン氏はいわゆるシリアルアントレプレナー(連続起業家)です。

最初は大学時代、講義ノートのオンライン・マーケットプレイスとして「Versity」を立ち上げます。ベンチャーキャピタルから1000万ドルもの出資を受け、経営幹部を雇い入れますが、信念を持ち続けられずに売却。

次は、オンラインチケット販売サイト「StubHub(現在はeBay傘下)」の創業に参加し、一日21時間という激務をこなします。しかしジェフはライブイベントは好きではなく、燃え尽きてしまいます。

今度はエクストリーム・スポーツのための小売店をはじめますが、これも「スノーボードが売れる必要を感じられず、顧客も店も全て嫌いになってしまった」ために頓挫。

ジェフは自分に足りなかったのは「信念」であることに気づき、すべての仕事の中で一貫して必要だったテーマとして「コミュニケーション」を見つけます。


紆余曲折を経たあと、開発者向けに自動でSMSを飛ばすツール「Twilio」を開発。創業が2008年と最悪のタイミングだったこともあり、当初はベンチャーキャピタルからの出資を一切得られなかったそうです。

この続きを見るには
(2985文字 画像15枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
契約企業が15万社を突破!「Twilio」2019年12月期1Q決算

契約企業が15万社を突破!「Twilio」2019年12月期1Q決算

SMS(ショートメッセージ)の配信サービスをクラウドで提供する「Twilio」が決算を発表しました。