運用資産9,644億円!『ひふみ投信』を運用・販売する「レオス・キャピタルワークス」が新規上場

2018年11月19日

資産運用会社「レオス・キャピタルワークス」(証券コード:7330)のマザーズ上場が承認されました。

上場申請資料

レオスは今年10周年を迎えた『ひふみ投信』の運用・販売等でも有名です。

2018年9月末時点の運用資産残高は9,644億円、19/3上半期の売上高は32億円

レオス創業メンバーの1人で、現在代表取締役社長を務めるのは藤野英人氏です。

藤野氏は1990年に早稲田大学法学部を卒業後、「野村投資顧問(現野村アセットマネジメント)」に入社。

その後、「ジャーディン・フレミング投信・投資顧問」(ジャーディン・マセソン系列)や「ゴールドマン・サックス・アセットマネジメント」でファンドマネージャーとしてキャリアを積み重ねます。

そして2003年、湯浅光裕氏と五十嵐毅氏の3名でレオス・キャピタルワークスを設立しました。

「レオス」は古代ギリシャ語で「流れ」を意味しており、日本にある人財・資本・知恵・技術などたくさんの資産(キャピタル)の「流れ」を作る工房「ワークス」でありたいという想いが込められているといいます。


2008年にレオスが顧客へ直接販売する"直販投信"である『ひふみ投信』の運用・販売を開始。

販売開始から2年で『ひふみ投信』純資産総額が10億円を突破します。

2012年に姉妹ファンド『ひふみプラス』を、2016年からは確定拠出年金(DC)専用投資信託 『ひふみ年金』の運用を開始しました。

2017年8月には『ひふみ投信』が5万口座を突破し、現在の運用資産残高は9,644億円。

日本を代表する資産運用会社の1つとなっています。

2018年3月期に売上高が急増しており、38.5億円と前年の約3倍に増加しました。

19/3上半期はすでに32.0億円を売り上げています。

経常利益率も右肩上がりに上昇しており、19/3上半期は33.0%まで収益性が向上しています。


18/3期は自社投信による収益が33.6億円(+199%)、投資顧問報酬が4.9億円(+203%)

ひふみ投信の事業は大きく「投資信託委託(自社投信)業務」と「投資顧問業務」に分かれます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
成長企業(新規上場)