これだけは知っておきたい!2018年にユニコーン入りした中国のスタートアップ

2018年11月24日

先日、2018年にユニコーン入りした企業がTwitterで話題になりました。


その中でも中国ユニコーン企業の事業内容が非常に興味深かったので、具体的にどのような事業を行なっているのか見ていきたいと思います。

Xpeng Motors:完全自動で駐車完了(評価額37億ドル)

Xpeng

まずは中国版テスラXpeng Motorsです。

Xpeng MotorsはHe Xiaopeng氏によって創業されました。

2004年、He Xiaopeng氏はUCWebというWebブラウザを創業し、2014年にアリババに50億ドルで売却。その後に創業したのがXpeng Motorsです。

最新シリーズの「Xpeng G3」の価格は20万元〜28万元(328万円〜459万円)とテスラに比較するとそれほど高額ではありません。

そしてXpeng Motorsの電気自動車が威力を発揮するのは駐車の時です。

About

駐車場に入るとタッチスクリーンに駐車場のマークが点灯します。

運転手がそのマークをタッチするだけで、コンピューターが自動で駐車スペースを検知し、駐車してくれます。

サービス紹介では、運転手が髪を束ねながら駐車している様子が紹介されていました。

さらにXpeng Motorsは2020年までに中国国内に10万ヶ所の充電ステーションを配置することを計画しています。 

中国のEV市場について見てみます。

China Plug-in Vehicle Sales for the 1st Half of 2018

中国のEV市場は拡大を続けています。

2015年には33.6万車だったEVの販売台数は、2018年には137.5万車に増加する見込みです。

中国のEV市場は3年でおよそ4倍ほどに拡大していることになります。


Ximalaya:登録者数4億人の音声プラットフォーム(評価額:36億ドル)

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
スタートアップ