インドでシェアNo.1!海外売上が倍増した「Xiaomi」2018年3Q決算

2018年11月23日

中国を代表するスマホメーカー「Xiaomi」の2018年3Q決算が発表されました。

2018年3Q決算説明資料

Xiaomiはスマートフォン以外にもTVやウェアラブルバンド、エアコンといったIoT製品も販売しています。

四半期売上は508億元(+49%)、営業利益22億元(営業利益率: 4.4%)

Xiaomiの業績は急速に拡大しており、今四半期の売上は508億元(8,270億円)となっています。

営業利益は22億元(357億円)で、営業利益率は4.4%ほど。

引き続き高い増収率をキープしており、今四半期は49%となりました。


収益の中核を担うのはもちろんスマートフォン販売です。

今四半期の売上は350億元(5,672億円)で売上全体の約7割を占めています。

スマートTVなどIoT製品は108億元(1,750億円)、広告収益を含むサービス事業も47億元(762億円)まで伸長しています。


サービス売上は47億元(+85%)、「MIUI」のMAUは2.2億人

主要3セグメントの中でもサービス事業の成長には目ざましいものがあります。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
中国・アジア Xiaomi Corporation