【特集】ルノーと日産はどんな経緯をたどったか?ルノー創業からゴーン就任、日産との提携までをおさらい

2018年11月21日 20:00

巷ではカルロス・ゴーン氏がGoneしてしまったと話題です。

カルロス・ゴーン風とともに去りぬ Shutterstockより)

憶測も絡んで根が深そうにも見えますが、Stockclipでは既に分かっている事実(少なくとも公表されている情報)について整理したいと思います。

自動車が日本経済において重要な輸出産業であることは間違いなく、今回の事件には単なるダジャレ以上の意味があります。

今回のシリーズでは、2社の歴史と提携からの経緯を整理することで、現在の状況についてより長いスパンで理解していきましょう。


戦火の中にあって国有化をまぬがれなかった「ルノー」

ルノーの歴史は1898年のクリスマスイブに始まりました。

当時21歳だったルイ・ルノーは、三輪車を改造して「モンマルトル(映画『アメリ』で有名)」の坂道を苦もなく登って見せたそうです。

モンマルトルの坂

彼はダイレクト・ドライブ・トランスミッションを発明して特許を獲得。世界中の自動車に採用されました。

翌年10月、2人の兄たちとともにルノー・フレール社を設立すると、レースに参加しては勝利を収め、注目を高めます。

やがてパリ市のタクシーを大量に受注し、これをきっかけに手作り生産から大量生産体制へと本格的にシフト。

第一次世界大戦(1914年〜1918年)ではルノーのタクシー1,200台が対ドイツ戦で活躍し、「マルヌのタクシー」としてその名を知られています。

以来、ルノーはフランス軍との関係が強くなり、戦車や航空エンジン、航空機まで作るフランス軍向けサプライヤーとして発展。

ところが、第二次世界大戦(1939年〜1945年)でフランスがドイツに降伏(1940年)すると、ルノーはドイツ軍の下におかれることに。

この続きを見るには
(3273文字 画像8枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
この記事に関するキーワード
経営者 日産自動車
Hpjlcm hw38gbvizpsdq5w

売上が30兆円を突破! 「トヨタ自動車」2019年本決算

2019年05月08日 18:45

日本最大の自動車メーカー「トヨタ自動車」(証券番号:7203)の2019年本決算が発表されました。

Jfo1snmkyedopl  s s2wa

中国とインドネシアで売上を牽引!波乱万丈な自動車メーカー「三菱自動車」

2019年03月24日 07:00

今回は三菱自動車について取り上げたいと思います。まずは日本自動車界の全体像を見ていきましょう。

C1xkcphe8lq2donaljbsnq

NASDAQ上場企業なのに"アーリーステージ"の電気自動車ベンチャー「Arcimoto」

2018年10月13日 18:00

今回とりあげるのは、アメリカの小型電気自動車メーカー「Arcimoto」です。