【特集】ルノーと日産はどんな経緯をたどったか?ゴーンによる日産の立て直しから2017年のCEO退任まで

2018年11月22日 20:00

前編の続き)

若くしてミシュランCEOの右腕となり、民営化して間もないルノーも再建したカルロス・ゴーン氏。

Mr. Bean from Shutterstock)

1999年にルノーと日産自動車が提携すると、ルノーから17人の管理職が送り込まれ、経営不振だった日産の再建にあたりました。

当時の損益推移を見ると、ルノーと提携した1999年度(2000年3月期)に6,844億円の純損失を出した後、翌年度からは不振がウソのように黒字化しています。

2兆円を超えていた有利子負債も、ゴーンが就任した1999年度から1兆円以上も減少し、2002年度には(手元キャッシュを考慮すると)マイナスに。


日産自動車が当時、見事な再建を遂げたことは間違いありません。

この後編では、提携後の日産はどのように回復したのか、ルノーの経営状況などと合わせてチェックしてみたいと思います。


ルノーとの提携後、日産自動車の売上は12兆円に倍増

この続きを見るには
(3231文字 画像21枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
この記事に関するキーワード
経営者 日産自動車