3歳まで水道、電気なしで生活!Slack創業者「スチュワート・バターフィールド」の半生(前編)

2018年12月01日

今回は取り上げたいのは、Slackの創業者である「スチュワート・バターフィールド」です。


バターフィールドは2002年に写真共有サイト『Flickr』を創業し、後にYahoo!に売却。

その後、再び創業したSlackは大人気コミュニケーションアプリとなりました。

Slack's Growth Shows No Signs of Slacking

2018年6月時点でのスラックの月間アクティブユーザーは800万人有料課金者数は300万人となっています。


今まで二度に渡ってサービスを当ててきた連続起業家スチュワート・バターフィールドがどのような半生を歩んできたのかまとめていきたいと思います。


3歳まで水も電気も通っていない小屋で生活

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
経営者列伝 スタートアップ