電子書籍ストア『パピレス』の株式を取得!『めちゃコミック』を運営する「インフォコム」
2018年12月04日 07:00

電子書籍ストア『パピレス』の株式を取得!『めちゃコミック』を運営する「インフォコム」

今回は、電子コミック配信サービス『めちゃコミック』を手がけている「インフォコム」(証券コード:4348)についてまとめていきます。

めちゃコミック

1983年、インフォコムは日商岩井(現 双日)やそのグループ会社などに、各種のITソリューションやシステム運用などのサービスを提供するために設立されました。

2001年に帝人の100%子会社と合併しており、現在も帝人がインフォコムの株式を58.1%保有する親会社となっています。

その翌年にはジャスダック市場に上場を果たしました。

2006年にコミック配信サービス『めちゃコミック』をスタート。

2018年11月に東証一部に市場変更することを発表しています。

2012/3期の売上高は364.9億円でしたが、2018/3期には457.7億円にまで増加しています。

経常利益率は2012/3期の9.3%から、2018/3期には13.1%にまで上昇しています。


今回のエントリでは、インフォコムの事業内容を中心に財政状態と事業展望についてチェックしていきます。


コミック配信:『めちゃコミック』の有料会員数は2017年1月時点で100万人を突破

設立以来、「システム屋」としての色も強かったインフォコムですが、ここ数年の成長を支えているのは「コミック配信」事業です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
メディア インフォコム
2017年12月27日 13:33

スマホ向けコミック配信「まんが王国」を展開するビーグリー、成長市場の中での戦略とは

「まんが王国」のビジネスモデル
財政状態とキャッシュフロー
今後の展望

今回取り上げるのは、スマートフォン向けコミック配信サービス「まんが王国」を展開するビーグリーです。


始まりは2004年のことで、(株)ビービーエムエフとして設立。

2018年01月20日 10:14

本の電子化で恩恵を受けているのはだれなのか?投資家目線でその答えを考えてみる

電子書籍業界のサプライチェーン
インターネットの本屋さん
電子書籍の取次
コンテンツメーカー

こんにちわ!ぶんせき君です。本日は電子書籍業界を整理してみたいと思います。


家族が増えたり、面倒みてくれるはずだったお義母さんが、インフルエンザにかかってしまったりと、バタバタしていて記事の更新が遅れてしまいました。

2018年08月23日 20:00

マンガ作品の売上が75%増!倍率267倍のラノベ投稿プラットフォーム「アルファポリス」2018年度1Q決算

漫画の売上高が前年から75%増加
数多くの小ヒット作を生み出せる理由
ゲーム事業の譲渡で収益性が改善
財政状態

今回は、いわゆる「ライトノベル」などをインターネットで出版できる「アルファポリス」の2019年3月期1Q決算についてまとめます。

アルファポリスWebサイト

2018年10月17日 20:00

爆発的増収!『&AND HOSTEL』自社物件の販売で売上爆増のインターネット企業「and factory」

IoTホステル9店舗を展開
元々のメイン事業だったアプリ事業も売上が1.8倍に
自社物件を取得したのに有形資産は増えず
来期も4Qに売上爆増の見込み

今年上場したばかりのネット企業「and factory」が何やらすごいことになっていたので、決算をまとめたいと思います。

決算説明資料

2018年11月19日 12:00

売上成長率は驚異の201%!『マンガBANG!』を運営するAmaziaが新規上場

売上成長率は驚異の201%!『マンガBANG!』を運営するAmaziaが新規上場
売上は11.7億円に拡大、売上成長率は201%に到達
国内最大級のマンガアプリ『マンガBANG!』
完全無料のマンガアプリ『マンガEpic!』
アプリユーザー数が増加(164万→707万)、顧客単価も増加(93円→213円)
売上原価率・広告宣伝費ともに改善傾向
電子書籍の市場規模は3,150億円に成長する見込み

2018年11月14日に「Amazia」(証券コード:4424)が上場承認を受けました。

マンガBANG!