テンセント×Ctrip連合が誕生!中国OTAの第三極「Tongcheng-Elong」が香港市場に新規上場

テンセント×Ctrip連合が誕生!中国OTAの第三極「Tongcheng-Elong」が香港市場に新規上場

2018年11月28日 20:00

中国でオンライン旅行サービス(Online Travel Agency)を展開する「Tongcheng-Elong」が11月26日、香港市場に新規上場を果たしました。

上場申請資料

チケットサービス「Tongcheng Network」とホテル予約「eLong」が統合(テンセント持株比率: 24.92%、Ctrip持株比率: 24.31%)

TongCheng-Elongは航空券サービス「Tongcheng Network」とホテル予約サービス「eLong」が統合し、2018年4月に誕生したばかりの企業です。

一足先に創業したのはeLongです。

Justin Tang氏とRichard Chen氏の2名によって1999年に設立されました。

旅行情報やホテル予約、航空券予約サービスなどを提供し、2004年には中国のOTA企業として初めてNASDAQに上場。

eLong

2014年、出資を受けていたExpediaから株を買い取るかたちでCtripが主要株主になります。

2016年にテンセントからの追加出資によって株式非公開となりました。


Tongcheng NetworkはeLongに遅れること5年、2004年に設立されました。

創業者はWu Zhixiang氏で、蘇州大学を卒業した後にアリババなどでもキャリアを積み重ねてきた人物です。

この続きを見るには
(3147文字 画像24枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード