食中毒がきっかけでピボット!?Slack創業者「スチュワート・バターフィールド」の半生(後編)
2018年12月02日 12:00

食中毒がきっかけでピボット!?Slack創業者「スチュワート・バターフィールド」の半生(後編)

前編からの続き)

バターフィールドは2002年にオンラインゲーム会社を創業するも開発資金がショートし、絶望的な状況に追い込まれてしまいました。

バターフィールドはこの危機を一体どのように乗り越えたのでしょうか。

食中毒で吐きながらサービスをひらめく

倒産の危機に瀕していたバターフィールドに転機が訪れたのは、2003年の初旬でした。

バターフィールドはニューヨークに向かう途中の飛行機の中でなんと食中毒にかかってしまいました。 

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
経営者列伝 スタートアップ
2017年08月19日 22:31

CEOエヴァン・スピーゲルが語るスナップチャットの成長戦略とは

Snapの事業の状況
収益化に関して
革新による新製品の展開
ビジネス面での注力ポイント
DAUとARPUに関するエヴァン・スピーゲルの考え
まとめ

以前も取り上げましたが、動画メッセージングアプリ「Snapchat」を運営するSnap社の株価が順調に下がり続けています。

「ちょっと底打ったかな」という感じではありますが、依然として大赤字なので次の決算でまた投資家を失望させる可能性は高いと思います。

2017年09月26日 20:33

ベンチャーキャピタルなのに上場?SlackやBoxにも投資したソーシャル・キャピタルと無事業で上場する「SPAC」とは

SPAC(特別買収目的会社)とは?
チャマス・パリハピティヤ氏とは?
ソーシャル・キャピタルのポートフォリオ
glooko
Captricity
Wave
Cozy
Ezetap
SurveyMonkey
Netskope
WealthFront
Intercom
Remind
CommonBond
Greenhouse Software
Premise
Slack
AirMap
mParticle
Saildrone

シリコンバレーの有力なVC(ベンチャーキャピタル)の一つに「ソーシャル・キャピタル」があります。

ソーシャル・キャピタルは2011年5月に設立され、クラウドストレージサービスのBOX(NYSEに上場)や企業向けソーシャルネットワークのYammer(マイクロソフトにより買収)、コラボレーションツールのSlackなどに投資しています。

2018年07月30日 20:00

サブスク収益の成長率が62%!Slackとの連携も発表した「Atlassian」2018年4Q決算まとめ

サブスクリプション売上が1億1743万ドル
財政状態 - 10億ドルの転換社債を発行
「Slack」との戦略的提携を発表!

チームコラボレーションツールを提供する「Atlassian」の2018年4Q決算をチェックします。

はじめに四半期ベースの業績を見ていきましょう。

2018年11月08日 07:57

決算説明で出てきたソフトバンクビジョンファンド投資先ベンチャー14社の事業内容をおさらい

① イケイケコワーキングスペース「WeWork」
② 韓国の爆速ショッピングサイト「Coupang」
③ インドネシア最大のEコマース「tokopedia」
④ インドの決済サービス「paytm」
⑤ 血液検査からがん細胞を検知する「Guardant Health」
⑥ 売りたい不動産を24時間で買い取ってくれる「Opendoor」
⑦ 不動産営業をテクノロジーと組み合わせる「Compass」
⑧ 動的なスマートガラスを開発する「View」
⑨ 建設プロジェクトを大幅に効率化する「Katerra」
⑩ GMV合計が10兆円規模に拡大した「ライドシェア」
11. 1.7億人が使うフードデリバリー「ele.me」

11月5日、ソフトバンクグループの2019年3月期2Q決算が発表され、Stockclipでもまとめ記事を出しました。

その中で存在感を強めているのはやはり「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の存在です。