投資先の時価総額がNASDAQの2割超を占める!最強のベンチャー投資ファンド「セコイア・キャピタル」

2018年12月15日 12:00

今回取り上げたいのは、アメリカの老舗ベンチャーキャピタル「セコイア・キャピタル」です。

1972年にドン・バレンタインによって設立され、AppleやGoogle、Oracle、PayPal、YouTube、Yahoo、Stripeなど、そうそうたるベンチャー企業への投資を成功させてきました。


投資先企業の時価総額を合計すると3.3兆ドルにものぼるそうです。

NASDAQ上場企業の時価総額合計が13兆ドルなので、実に4分の1近くがセコイア・キャピタルの投資先で占められていることになります。

(ちなみに、3.3兆ドルのうち4分の1以上はApple1社)

東京証券取引所に上場している企業(3500社ほど)の時価総額合計は6.5兆ドルなので、実にその半分を超える規模の経済的インパクトを生み出してきたわけです。

このように、直近50年における情報社会の発展において、「投資」という観点でいえば莫大なインパクトをもたらしたのがセコイア・キャピタルです。

今回のエントリでは、セコイア・キャピタルがどのような組織なのか、代表的な2人のパートナー(共同経営者)にフォーカスしてまとめてみたいと思います。


半導体業界出身「ドン・バレンタイン」が1972年に設立して1974年にアタリに出資

セコイア・キャピタルを設立したのは、伝説のベンチャー・キャピタリスト「ドン・バレンタイン」です。

ドン・バレンタインは、「シリコンバレー」の象徴ともいえる半導体企業、フェアチャイルド・セミコンダクター社でマーケティング責任者を務めていました。

半導体業界の第一線で13年培った実績をベースとして、1972年に設立したのがベンチャー投資ファンド「セコイア・キャピタル」です。

最初に調達した資金は800万ドル。

その頃、アメリカでは設立されたばかりのゲーム企業「アタリ」が、卓球ゲーム「ポン」のヒットにより急成長していました。

この続きを見るには
(3889文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
運用資産額2,000億ドル(約22兆円)!LBOを得意とするバイアウトファンド「KKR」1Q19決算

運用資産額2,000億ドル(約22兆円)!LBOを得意とするバイアウトファンド「KKR」1Q19決算

ニューヨークを拠点に活動するバイアウト・ファンド「KKR」が1Q19決算を発表しました。

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

2019年01月06日 20:00

今回はシリコンバレーの歴史をさらに遡り、「谷」の土壌となったスタンフォード大学とヒューレットパッカードの発祥についてまとめてみたいと思います。

「シリコンバレー」の始まりはショックレー研究所からですが、その前からすでに「ラジオバレー」とも言うべき土壌が存在しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード