さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ

2018年12月02日

QRコード決済に参入する企業が着々と増えており、LINEはテンセントと提携するなどそれぞれの戦略が少しずつ見えてきています。

そこで、今回のエントリでは国内におけるQR決済サービスをまとめていきたいと思います。

①対応予定は92万箇所、1,000億円の資金を調達した『LINE Pay』

テンセントの『WeChatPay』や韓国の『Naver Pay』と提携を発表した『LINE Pay』です。

LINE Pay

本来の決済手数料は2.45%ですが、店舗用アプリや据置端末を使った場合の決済手数料は2021年7月末まで0%となっています。

2018年内に100万箇所対応を予定しており、2018年9月末時点で対応予定は92万箇所(QUICPay対応予定の72万箇所を含む)を突破しています。

2018年3QにおけるLINE Payの決済高は2,610億円と堅調に伸びています。

新株予約権付社債の発行条件等の決定に関するお知らせ

またLINE Pay拡大に向けて新株予約権付社債を発行しており、1,000億円ほど調達しています。

②利用者数No.1をうたっている『楽天ペイ』

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
業界特集