サラダスタートアップがユニコーンに!?ユニコーン入りした米国スタートアップ(後編)

2018年11月30日

前回はユニコーン入りした米国スタートアップ(前編)を特集しました。


今回は引き続きユニコーン入りした米国スタートアップ(後編)をまとめていきたと思います。

Formlabs:最新式の3Dプリンター(評価額:11億ドル)

Formlabs

Formlabsは2011年にMITメディアラボの生徒3人によって創業され、最新式の3Dプリンターを販売しています。

現在は3Dプリンターに必要なハードウェアだけでなく、ソフトウェアも販売しており、Formlabsの顧客には、一般企業に限らずハーバード大学やオックスフォード大学も名を連ねています。

IDC

3Dプリンター市場を見てみると、意外なことにを教育関連向けの販売が全体の67.6%ほどを占めており、大学などからの需要が高いことが伺えます。

3Dプリンタ市場規模

3Dプリンターの世界的な市場規模は2020年までに210億ドルにまで拡大する見込みとなっており、今後もさらに3Dプリンターの需要は高まりそうです。


Formlabs scores another $30 million in funding

ThoughtSpot:次世代データ分析プラットフォーム(評価額:10億ドル)

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
スタートアップ