自治体を支えるプラットフォーマー!60億円の財源確保に貢献してきた成長企業「ホープ」

自治体を支えるプラットフォーマー!60億円の財源確保に貢献してきた成長企業「ホープ」

2018年12月03日 07:00

今回ピックアップしたいのは自治体支援サービスを手がける「ホープ」(証券コード: 6195)です。

公式HP https://www.zaigenkakuho.com/


卒業と同時に地元・福岡で起業。創業から1年8か月でようやく初の契約を獲得

ホープの創業は2005年。

現在も代表取締役社長を務める時津孝康氏が、福岡大学卒業と同時に地元・福岡で起業しました。

地方自治体の財政難に課題を感じていた時津氏は、行政に対して「滞納者からの税金を代理徴収するサービス」などを提案します。

数あるアイディアの中から「有料広告事業」に的を絞って営業を続けるも、先方からはまったく相手にされず。

九州内にある70以上の自治体を巡り、創業から1年8か月でようやく初の契約を獲得することができました。

最初の仕事となった太宰府市役所の広報誌における広告枠の入札支援(収益化)がメディアで取り上げられ、その後の営業活動は順調に。

着々と事業規模を拡大していきます。

2013年には自治体情報誌の制作を無償で請け負う「SMART CREATIONサービス」を開始。

この続きを見るには
(2554文字 画像27枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
国内 広告 ホープ
風力発電タービンで世界シェアNo.1!売上高1.2兆円を誇るデンマーク企業「Vestas」

風力発電タービンで世界シェアNo.1!売上高1.2兆円を誇るデンマーク企業「Vestas」

2019年01月17日 12:00

今回は、風力発電タービンの開発・製造を行うデンマーク企業「Vestas」(ティッカーシンボル:VWS)についてまとめていきます。

まず世界の自然エネルギーの現状について確認してみます。

662万人が利用!『らくらく連絡網』を土台に広告事業で売上を拡大する「イオレ」

2018年10月11日 20:00

今回は『らくらく連絡網』を提供する「イオレ」についてまとめます。

まずは、大学のサークルなどで大活躍の『らくらく連絡網」がどのようにして始まったのかについて調べてみました。

レストランカラオケ事業から撤退!自治体向けのアウトソーシング事業で立て直しを図る「シダックス」

2018年06月16日 16:12

先日、「シダックス」が代名詞でもあるカラオケ事業から撤退することが発表されました。

シダックス、カラオケ撤退給食事業に集中(日本経済新聞、2018/5/30)

ネイティブ広告のためのプラットフォーム?新規上場の「ログリー」の事業内容と決算数値まとめ

2018年05月17日 20:25

今回は、新規上場が発表されたインターネット企業「ログリー」についてまとめたいと思います。