【アメリカ家庭用ゲームの歴史①】世界初のゲーム会社アタリが史上最悪のクソゲーで都落ちするまで

5日前

アメリカにおける家庭用ゲームの歴史がアツいので、複数回に分けてまとめていきたいと思います。

Unsplashより

世界初のアーケードゲーム『コンピュータースペース』は操作が難しく、販売台数1,500台とあまり人気は出なかった

1962年にマサチューセッツ大学の院生スティーブ・ラッセルが科学計算用ミニコンを使った世界初のシューティングゲーム『スペースウォー!』を開発したところから始まります。

(引用:Wikipedia

無料で配布していたため、研究者や学生から熱狂的な支持を受けて全米に普及していきます。

当時はまだコンピュータが研究機関にしかなかったため、『スペースウォー!』は一般に出回っていませんでした。

1964年、アタリの創業者であるノーラン・ブッシュネルはユタ大学の学生時代に『スペースウォー!』に出会い、一般の人が簡単にコインを入れて遊べるアーケード形式のコンピュータゲームを考えます。

1968年に入社したアンペックスでテッド・ダブニーと出会い、アーケードゲーム実用化に向けていろいろと試してみたものの、当時のコンピュータでは遅すぎるなど問題があり実現しませんでした。

あきらめきれないブッシュネルはコンピュータを必要とせず、直接テレビに信号を送り操作するアイデアを生み出し、テレビ上に動かせる点を描写する回路を開発します。

1970年、地元の小さなアーケードゲームメーカーであるナッチング社の社員と知り合ったことをきっかけに、ブッシュネルとダブニーはナッチングとライセンス契約を結んで移籍しました。

(引用:Wikipedia

1971年に『スペースウォー!』を元にした世界初のアーケードゲーム『コンピュータースペース』を販売開始します。

しかし、『コンピュータスペース』は説明書を読まないとプレイができないほど操作が難しいうえに、ナッチング社が小さい会社で広告をあまり打てなかったこともあり販売台数1,500台と人気が出ることなく終わります。

ブッシュネルとダブニーはナッチングを退社して世界初のゲーム専門会社「シジジー(Syzygy:惑星直列の意味)」を設立しますが、すでに同じ名前の会社があったため「アタリ」へと変更します。

アタリは二人がよく遊んでいた囲碁から取っており、あと一手で相手の石を取れる状態のことです。

『ポン』はピンボールの4倍(1万2,000台)売れるも類似品に市場の9割を取られてしまう

ブッシュネルはマグナボックス社が開発している家庭用ゲーム機『オデッセイ』のデモンストレーションに参加します。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
業界特集