【アメリカ家庭用ゲームの歴史①】世界初のゲーム会社アタリが史上最悪のクソゲーで都落ちするまで

【アメリカ家庭用ゲームの歴史①】世界初のゲーム会社アタリが史上最悪のクソゲーで都落ちするまで

2018年12月05日 20:00

アメリカにおける家庭用ゲームの歴史がアツいので、複数回に分けてまとめていきたいと思います。

Unsplashより

世界初のアーケードゲーム『コンピュータースペース』は操作が難しく、販売台数1,500台とあまり人気は出なかった

1962年にマサチューセッツ大学の院生スティーブ・ラッセルが科学計算用ミニコンを使った世界初のシューティングゲーム『スペースウォー!』を開発したところから始まります。

(引用:Wikipedia

無料で配布していたため、研究者や学生から熱狂的な支持を受けて全米に普及していきます。

当時はまだコンピュータが研究機関にしかなかったため、『スペースウォー!』は一般に出回っていませんでした。

1964年、アタリの創業者であるノーラン・ブッシュネルはユタ大学の学生時代に『スペースウォー!』に出会い、一般の人が簡単にコインを入れて遊べるアーケード形式のコンピュータゲームを考えます。

1968年に入社したアンペックスでテッド・ダブニーと出会い、アーケードゲーム実用化に向けていろいろと試してみたものの、当時のコンピュータでは遅すぎるなど問題があり実現しませんでした。

この続きを見るには
(4104文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
アミューズメント市場は10年間で16%縮小!逆風の中で業績がV字回復した「ラウンドワン」

アミューズメント市場は10年間で16%縮小!逆風の中で業績がV字回復した「ラウンドワン」

読者さんの中には「ラウンドワン」(証券コード:4680)へボウリングをしに行った経験のある方も多いのではないでしょうか。今回は、アミューズメント市場の衰退に喘ぎながらも業績をV字回復した当社についてみていきましょう。

Fortniteの対抗馬としてAPEXをリリース!「Electronic Arts」2019年本決算

Fortniteの対抗馬としてAPEXをリリース!「Electronic Arts」2019年本決算

アメリカの大手ゲームメーカー「Electronic Arts」(ティッカーシンボル:EA)が2019年度3月期本決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード