【2018年総集編②】国内ソーシャルゲーム企業10社の業績と今後の戦略を総チェック!

【2018年総集編②】国内ソーシャルゲーム企業10社の業績と今後の戦略を総チェック!

2018年12月28日 12:00

今回は、国内のソーシャルゲーム企業の動向についておさらいします。

ピックアップするのはDeNA、グリー、ミクシィ、コロプラ、エイチーム、ガンホー、gumi、ドリコム、Klab、アカツキの10社です。

2015年前後には大きなブームになったソーシャルゲーム業界ですが、その後は比較的低調で、売上を伸ばし続けている会社はほとんどありません。

売上規模ではミクシィとDeNAが2強、成長率ではアカツキが一人勝ち

売上規模が最大なのは「モンスターストライク」を展開する「mixi」で365億円。続いてDeNAが343億円と、(季節性を除けば)ほとんど同規模となっています。

ガンホーとコロプラはこの3年間、ほとんど右肩下がりだったことが分かります。その一方、グリーはなんとか底を打って伸ばし始めているといった状況。

今回のリストの中で6番目以降の会社も見てみると、エイチーム(四半期売上93億円)とアカツキ(74億円)の成長が著しいですね。

Klabも右肩上がりです。

エイチームはスマホゲーム以外の事業が大きく、今回の10社の中では最もゲーム事業への依存度が小さくなっています。

この続きを見るには
(4338文字 画像36枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
3ovsxt8mvievth6pmq lea

「モンスターストライク」5,000万ユーザー突破! 「ミクシィ」2019年本決算

2019年05月10日 17:50

「モンスターストライク」などのスマホゲーム、SNS事業などを手がける「ミクシィ」(証券番号:2121)の2019年3月期本決算が発表されました。