シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

2019年01月06日 20:00

今回はシリコンバレーの歴史をさらに遡り、「谷」の土壌となったスタンフォード大学とヒューレットパッカードの発祥についてまとめてみたいと思います。

「シリコンバレー」の始まりはショックレー研究所からですが、その前からすでに「ラジオバレー」とも言うべき土壌が存在しました。


スタンフォード大の正式名称は「リーランド・スタンフォード・ジュニア大学」

スタンフォード大学は、1885年にカリフォルニア上院議員リーランド・スタンフォードとその妻のジェーンによって設立されました。

スタンフォード氏は1824年にニューヨーク州で生まれました。

祖先は17世紀にアメリカに渡ったということで、アメリカに入植したヨーロッパ人の中ではかなり早い方です。

1841年からカゼノビアカレッジで法律について学んだ後、1845年よりオールバニ(同じくニューヨーク州)の法律事務所で働き始めます。

法律家として頭角を現したスタンフォード氏は、1850年にはホイッグ党の弁護士に選ばれ、オールバニの商人の娘、ジェーンと結婚。

ところが1852年、火事で全ての財産を失ってしまったスタンフォード氏は、兄弟たちに続いてカリフォルニアのゴールド・ラッシュに出向きます。

この続きを見るには
(3195文字 画像6枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード