【2018年総集編④】MonotaROから出前館、ロコンドまで!成長著しいEC企業10社の状況をおさらい

2018年12月30日

今回は、成長著しい国内Eコマース企業10社についておさらいしていきたいと思います。

楽天やヤフーなどのコングロマリットは入れていませんが、MonotaROはEコマース1本で8,000億円を超える時価総額。

1兆円を超える日もそう遠くないのかもしれません。ZOZO(7,451億円)よりも高い。

今回の10社は「中堅」っぽいインターネット企業で、なおかつ成長しているところを中心にピックアップしました。

MonotaROは2018年だけで株価倍増していて、もはや大御所ですが。。


続いて、10社の財政状態(純キャッシュ=手元金融資産から金融負債、借入などを差し引く)を考慮した評価額(EV:Enterprise Value)を計算してみます。

時価総額では1,600億円を超えているアスクルですが、手元キャッシュ(現預金)が500億円を超えており、その分を差し引くと企業価値(EV)は1,074億円となります。

そのほか、オイシックス・ラ・大地とエニグモが50億円をこえる金融資産をもっていて潤沢ですね。


成長度合ではロコンドと北の達人が圧倒的

続いて、過去3年間の四半期売上の変化を追ってみます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン