ネイルサロンもある火鍋レストラン!急成長する中国5位の外食チェーン「海底撈」

5日前

今回は2018年9月に香港市場へ上場したばかりの「海底撈(Haidilao)」をピックアップします。

公式HP


1994年に四川省で1店舗目をオープン。現在は300店舗を突破し、売上は約1,750億円

海底撈は1994年、 現CEOのZhang Yong氏と奥さんのShu Ping氏が夫婦で火鍋レストランをオープンしたのが始まりです。


四川省を中心に出店を重ね、1999年に陝西省・西安市へ進出。

その後も北京や上海など主要都市へ着々と出店エリアを拡大していきます。

2012年にシンガポール、その翌年にはアメリカにも店舗をオープンし、海外展開もスタートしました。

(三井住友銀行「中国外食業界の動向」)

2014年に100店舗を突破し、2015年に日本と台湾へ出店。

現在は全世界で300店舗を超えており、三井住友銀行のレポートによれば2017年の中国外食企業売上高ランキングで海底撈は5位にランクインしています。

売上高は着々と増加しており、2017年は106.4億元(1,754億円)、2018年は上半期時点で73.4億元(1,210億円)に達しています。

営業利益率も10%台と収益性も高まっています。

海底撈はデリバリーサービス等も展開していますが、売上のほとんどはレストラン収益。

2017年は103.9億元(1,710億円)と売上全体の97.7%を占めています。


3級都市の出店数が全体の25%まで増加(85店舗)。1級都市の顧客単価が大幅に上昇(1,746円)

海底撈の出店数を都市階級ごとに確認してみると、彼らの成長ドライバーが明確に表れています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加