ネイルサロンもある火鍋レストラン!急成長する中国5位の外食チェーン「海底撈」
2018年12月05日 12:00

ネイルサロンもある火鍋レストラン!急成長する中国5位の外食チェーン「海底撈」

今回は2018年9月に香港市場へ上場したばかりの「海底撈(Haidilao)」をピックアップします。

公式HP

1994年に四川省で1店舗目をオープン。現在は300店舗を突破し、売上は約1,750億円

海底撈は1994年、 現CEOのZhang Yong氏と奥さんのShu Ping氏が夫婦で火鍋レストランをオープンしたのが始まりです。


四川省を中心に出店を重ね、1999年に陝西省・西安市へ進出。

その後も北京や上海など主要都市へ着々と出店エリアを拡大していきます。

2012年にシンガポール、その翌年にはアメリカにも店舗をオープンし、海外展開もスタートしました。

(三井住友銀行「中国外食業界の動向」)

2014年に100店舗を突破し、2015年に日本と台湾へ出店。

現在は全世界で300店舗を超えており、三井住友銀行のレポートによれば2017年の中国外食企業売上高ランキングで海底撈は5位にランクインしています。

売上高は着々と増加しており、2017年は106.4億元(1,754億円)、2018年は上半期時点で73.4億元(1,210億円)に達しています。

営業利益率も10%台と収益性も高まっています。

海底撈はデリバリーサービス等も展開していますが、売上のほとんどはレストラン収益。

2017年は103.9億元(1,710億円)と売上全体の97.7%を占めています。


3級都市の出店数が全体の25%まで増加(85店舗)。1級都市の顧客単価が大幅に上昇(1,746円)

海底撈の出店数を都市階級ごとに確認してみると、彼らの成長ドライバーが明確に表れています。

出店数が最も多いのが四川省などを含む2級都市で153店舗。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
中国・アジア 飲食 小売 国内
2018年03月22日 18:07

外食業界2位の「すかいらーく」は年4億人が来店する巨大グループ! 新業態の展開と「M&A」「海外展開」に注目

食品スーパーとして創業し、ファミレスに業態転換
業界でのポジショニングとグループの強み
日本の外食業界
業績数値
株価と今後の成長戦略

今回は、ファミレスチェーンの老舗として知られる「すかいらーく」を取り上げます。

売上規模はおよそ4,000億円で、日本の外食企業としてはゼンショーホールディングスについで第2位となっています。

2018年07月01日 21:00

フードデリバリーから民泊まであらゆるサービスを扱う中国ユニコーン「美団点評」が香港に上場

クーポン・口コミに留まらない多様なサービスを提供
フードデリバリー事業の急成長が収益の伸びを牽引
財政状態
中国の人口や消費動向からみる今後の展望
美団点評が対峙する市場規模の予測

中国の代表的なユニコーン企業、「美団点評(Meituan Dianping)」が香港証券取引所へのIPOを申請しました。

美団点評は、2015年に「美団(Meituan Corporation)」と「点評(Dianping Holdings)」が合併してできた会社です。

2018年08月06日 13:20

『いきなり!ステーキ』の売上成長率105%!出店を加速する「ペッパーフードサービス」2Q2018決算

『いきなり!ステーキ』の四半期売上が124億円に
一時期の興奮はどこへ?株価はピーク時の半分近くに下落

今回は、『いきなり!ステーキ』で爆進を続けるペッパーフードサービスの決算についてまとめたいと思います。

直近の四半期売上は147億5400万円となり、4年前と比べると8倍に伸びています。

2018年09月20日 20:00

2017年10月に開始した値上げの影響は?焼き鳥チェーン「鳥貴族」の2018年7月期決算まとめ

2005年の東京進出から店舗拡大を加速
客単価は微増も客数が10%以上の減少
年間33億円の営業キャッシュフローを創出
中期経営計画「うぬぼれチャレンジ1000」の進捗

鳥貴族といえば「全品均一価格」で食べられる最高の焼き鳥チェーンです。

ところが2017年10月、「280円均一」から値上げして「298円均一」になりました。

2018年11月29日 07:00

マクドナルドと吉野屋の近くにあえて出店!中華チェーン『日高屋』でおなじみの「ハイデイ日高」

売上高は406億円、営業利益は47億円。営業利益率は11.5%と10%超え
ちょい飲みニーズも満たす低価格な『日高屋』が382店舗あり、ほぼ全てが直営店
マクドナルドと吉野家の近くにあえて出店する戦略
30億円以上のフリーキャッシュフローを創出
新規業態も含めて首都圏で600店舗を目指す

今回は中華飲食チェーン『日高屋』などを展開している「ハイデイ日高」(証券コード:7611)についてまとめていきます。

ハイデイ日高という社名ですが、創業者である神田正氏の出身地埼玉県日高市が由来です。