南米のUberや3Dオンライン授業まで!?中国・米国以外のユニコーン入りしたスタートアップ

4日前

今まで中国のスタートアップと米国スタートアップ(前編後編)をまとめてきました。

今回は中国・アメリカ以外のユニコーン入りしたスタートアップをまとめていきたいと思います。


BYJU'S:3Dを駆使したオンライン授業(国:インド 評価額:20億ドル)

BYJU'S

BYJU'Sは2011年にByju Raveendran氏によってインドのベンガル地方で創業され、

2015年には「Think and Learn」というオンライン授業アプリをローンチします。

ユーザー(中高生)は、スマートフォンでオンライン授業をうけることができ、アプリの特徴は講師が3D映像技術を使って解説してくれるところです。

ユーザ数は1,500万人にものぼり、年間課金者は90万人にも及ぶとのこと。

2016年にはFacebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏から投資をうけた会社として有名になりました。

インドのEラーニング市場は年平均41.9%の成長を見せ、市場規模は2017年の20億ドルから2020年までに57億ドルまで拡大する見込みとなっています。


With ARR Of $9.30 Mn And CAGR Of 75% – BYJU’S To Breakeven In Less Than 2 Years

Revolut:イギリス発のデジタルバンク(国:イギリス 評価額:17億ドル)

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加