「中食」ブームで業績拡大!日本のカット野菜ビジネスを切り拓いた「デリカフーズ」

6日前

完成済みの料理を家に持ち帰って食べる「中食」がブームとなる中で成長している企業があります。

公式HP

今回取り上げるのは野菜の専門商社「デリカフーズ」(証券コード: 3392)です。


アメリカでレタス畑を見て「カット野菜」事業のポテンシャルを見いだす。18/3期売上は372.5億円(+7.8%)

デリカフーズの創業者は現会長・舘本勲武(たちもと いさたけ)氏。

名古屋大学農学部を卒業後、飲料会社を経てジュースの販売会社を起業するも軌道には乗らず。

次の事業アイディアを探す中で舘本氏はアメリカへ渡り、レタス畑の横でカットしたレタスが商品として出荷される様子を目にします。

日本でも1970年にケンタッキー、その翌年にはマクドナルドが上陸するなど外食ブームが訪れており、館本氏は「日本でもカット野菜の事業が成り立つに違いない」と確信。

そして1979年、名古屋で「デリカフーズ」を創業しました。

1984年の東京進出を皮切りに、大阪、神奈川と営業エリアの拡大や物流網の構築を推し進めます。

2005年に東証二部へ上場を果たし、研究開発や加工を行なう「FSセンター(Fresh & Speedy)」などへの設備投資を拡大。

現在は直営16拠点を構え、全国1万7,000店舗へ野菜を配送しています。

業績は右肩上がりに伸びており、2018年3月期の売上は372.5億円(+7.8%)。

営業利益は6.9億円で営業利益率は1.9%となっています。


収益の柱は無加工のホール野菜。中食ブーム到来でカット野菜の売上構成比が40%超に

デリカフーズは「野菜を仕入れて売る」という「野菜の専門商社」としての役割を担っています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するキーワード
デリカフーズホールディングス