「中食」ブームで業績拡大!日本のカット野菜ビジネスを切り拓いた「デリカフーズ」
2018年12月04日 20:00

「中食」ブームで業績拡大!日本のカット野菜ビジネスを切り拓いた「デリカフーズ」

完成済みの料理を家に持ち帰って食べる「中食」がブームとなる中で成長している企業があります。

公式HP

今回取り上げるのは野菜の専門商社「デリカフーズ」(証券コード: 3392)です。


アメリカでレタス畑を見て「カット野菜」事業のポテンシャルを見いだす。18/3期売上は372.5億円(+7.8%)

デリカフーズの創業者は現会長・舘本勲武(たちもと いさたけ)氏。

名古屋大学農学部を卒業後、飲料会社を経てジュースの販売会社を起業するも軌道には乗らず。

次の事業アイディアを探す中で舘本氏はアメリカへ渡り、レタス畑の横でカットしたレタスが商品として出荷される様子を目にします。

日本でも1970年にケンタッキー、その翌年にはマクドナルドが上陸するなど外食ブームが訪れており、館本氏は「日本でもカット野菜の事業が成り立つに違いない」と確信。

そして1979年、名古屋で「デリカフーズ」を創業しました。

1984年の東京進出を皮切りに、大阪、神奈川と営業エリアの拡大や物流網の構築を推し進めます。

2005年に東証二部へ上場を果たし、研究開発や加工を行なう「FSセンター(Fresh & Speedy)」などへの設備投資を拡大。

現在は直営16拠点を構え、全国1万7,000店舗へ野菜を配送しています。

業績は右肩上がりに伸びており、2018年3月期の売上は372.5億円(+7.8%)。

営業利益は6.9億円で営業利益率は1.9%となっています。


収益の柱は無加工のホール野菜。中食ブーム到来でカット野菜の売上構成比が40%超に

デリカフーズは「野菜を仕入れて売る」という「野菜の専門商社」としての役割を担っています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
デリカフーズホールディングス
2018年02月18日 12:40

棚卸代行で国内シェア約8割!海外事業とリテイルサポートで継続的成長を目指す「エイジス」

エイジスの「棚卸代行サービス」とは?
財政状態とEV(企業価値)
キャッシュフローとEVの比較
今後の展望

今回は棚卸の代行サービスを展開する「エイジス」についてまとめてみたいと思います。

1978年に「オール・ジャパン・インベントリ・サービス(株)」として設立されたのち、1996年に商号を「(株)エイジス」に変更しています。同年に日本証券業協会(現・JASDAQ)に株式を公開。

2017年08月16日 22:48

農村ライフを支援する米国小売チェーン「トラクターサプライ・カンパニー」

業績推移
セグメント売上
1店舗ごとの業績
キャッシュフロー分析による企業価値算定

米国の小売企業に、トラクターサプライ・カンパニーという面白い会社があります。

トラクターサプライ・カンパニーは米国テネシー州ブレントウッドに本社をおく企業で、1938年に設立されました。

2018年09月21日 12:00

81歳でネット企業を上場!12万店舗が利用する食材卸マーケットプレイス「Mマート」

知識ゼロからネット企業をスタート
『Mマート』を軸に4つのマーケットプレイスを運営
『Mマート』の取扱高が20%増加
財政状態:営業キャッシュフローは年間1.6億円
卸売業者は店舗型からネット販売へと転換
参考

今回は飲食向け食材のオンラインマーケットプレイスを提供する「Mマート」について見ていきたいと思います。

創業者である村橋孝嶺氏は1936年生まれで、現在は82歳。

2018年10月19日 12:00

農業機械の買取が急増!ニッチ商材で成長する「マーケットエンタープライズ」

30種類以上のジャンルで個人向けに買取
新規事業の売上が6倍以上に増加
仕入増加に伴って売上原価率が上昇
ニッチ商材と新規事業で売上20%成長を目指す

今回はWeb上で中古品の買取や販売を行なう「マーケットエンタープライズ」について取り上げたいと思います。

公式HP

2018年11月27日 20:00

日本の農産物流通を変革する!農業ベンチャー初の上場企業「農業総合研究所」

日本の農産物流通を変革する!農業ベンチャー初の上場企業「農業総合研究所」
脱サラ、八百屋、そして農業プラットフォーマーへ。今期の売上は23.1億円(+39%)
農家の手取り額は市場流通の2倍。約8,000名の農家が登録
「バーコード発見システム」と「販売データ」を提供するITプラットフォーム
「買取委託」の拡大によって売上原価率が上昇。集荷場の数は86拠点に拡大
2018年8月以降に株価が2倍近く上昇。現在の時価総額は167億円
2年後のGMV160億円達成に向け、ECサービス開始や日本郵便との提携を発表

今回は「農業総合研究所」(証券コード: 3541)を取り上げます。

公式HP

彼らは農家との幅広いネットワークを有しており、スーパーマーケット内にある『農家の直売所』などへ農産物を提供しています。