3Dプリンター出力サービスのパイオニア!医療分野拡大で急成長を遂げる「JMC」
2018年12月05日 07:00

3Dプリンター出力サービスのパイオニア!医療分野拡大で急成長を遂げる「JMC」

普段の生活ではまだまだ馴染みの薄い3Dプリンタですが、製造業においては急速な普及が進んでいます。

公式HP

3Dプリンタ業界の中でも注目したいのが、急速な成長を遂げている「JMC」(証券コード: 5704)です。


プロボクサーから父の経営するJMCを「ものづくり企業」に育て上げる。2018年は9か月時点ですでに約200億円の売上

JMCで現在社長を務める渡邊大知氏は、38歳という年齢もさることながら、プロボクサー出身という異色の経歴を持っています。

高校卒業後、ファイティング原田氏のジムに入って19歳でプロデビュー。

「3連敗したら辞める」と宣言していた渡邊氏は24歳でボクシングの世界に別れを告げ、1999年に父が経営するJMCへ入社します。

参照

当時のJMCはモデル作製の受託製造を行なっていたものの、売上のほとんどは保険事業で賄っていました。

そこで渡邊氏は入社から間もなくして製造部門をスピンアウトし、光造形機を導入して3Dプリンター出力事業を開始。

手術シミュレーション用頭蓋骨モデルの作製受託からスタートしました。

2006年には金属モデル作製を行う「エス・ケー・イー」と合併し、鋳造事業へ参入

工場などへの設備投資を重ねながら事業を拡大していき、2016年12月に東証マザーズへの上場を果たしました。

2017年らは産業用CTを用いたCTスキャンサービス(産業用CTを使用した測定代行サービス)や、CT機器の販売も開始しています。

JMCは業績を急速に伸ばしており、2017年の売上高は16.3億円。

2018年は9か月時点ですでに19.7億円まで達しています。

(2014年は決算期変更の影響で8か月決算)


国内最大規模となる16台の3Dプリンターを保有。鋳造事業の主要顧客は日本電産(売上全体の14%)

まずは気になるJMCの3Dプリンター出力事業を詳しく見てみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
国内 テクノロジー JMC
2018年02月22日 08:53

ロボット手術のリーディングカンパニー!先端技術企業でありながら消耗品ビジネスで業績を伸ばす「インテュイティブ・サージカル」

インテュイティブ・サージカルのレーザーブレードビジネスモデル
インテュイティブ・サージカルにとってのリスクとは?迫り来る競合企業たち
インテュイティブ・サージカルの業績の補足データ

インテュイティブ・サージカル(NASDAQ:ISRG)はロボット支援低侵襲外科手術技術の世界的リーダー企業。 


2018年08月25日 18:00

プリント基板開発のシェアリングエコノミー!IoT時代の需要拡大を狙う「ピーバンドットコム」

プリント基板にまつわるあらゆるサービスをカバー
工場利用を効率化することでイニシャルコストを無料化
ワンストップ利用売上や高単価商品が伸長
財政状態はとても良好
目下の対象市場は1,500億円規模、IoT普及の波に乗ることを狙う

今回は、「ピーバンドットコム」について調べてみたいと思います。

何をやっている会社かというと、「プリント基板のネット通販」を行なっている会社です。

2018年09月19日 12:48

世界20か国以上でオンライン印刷サービスを展開!欧米の印刷EC化をけん引する「Cimpress」

全世界で14サービスを展開
Cimpressのターゲット市場は「安価」な「オリジナル製品」
現金はバランスシート全体のわずか2.7%

今回は取り上げるのは、世界中で印刷ECを提供する「Cimpress」という会社です。

「Cimpress」公式HP

2018年10月05日 18:00

国民2,398万人の医療データを保有!医療機関に経営支援システムを提供する「メディカルデータビジョン」

病院向けに経営支援システムを提供する「データネットワークサービス」
製薬会社などにデータを提供する「データ利活用サービス」
平均単価400万円の「アドホック調査」売上が急成長
事業展望:未病領域である健康診断データを狙う

今回取り上げるのは、医療機関向けに経営支援システムを提供するメディカルデータビジョンです。

創業者の岩崎博之氏は、1960年群馬県生まれ。

2018年10月10日 12:00

『Merch by Amazon』と提携!アパレル向けプリンターを開発する「Kornit Digital」

繊維素材のデジタル印刷比率はわずか5%
「替え刃モデル」による経常収益が40%
現在の時価総額は6.8億ドル
2017年にアマゾンとの提携を発表

今回はアパレル製品向けデジタルプリンターを開発する「Kornit Digital」について取り上げます。

公式HP