平成の30年間でビール生産量は半分以下に!ビールの歴史と主要プレイヤーの現状を整理する
2018年12月07日 18:00

平成の30年間でビール生産量は半分以下に!ビールの歴史と主要プレイヤーの現状を整理する

お酒の代表とも言える「ビール」はこれまで世界各国で多くの大人に愛され続けてきました。

トラピストビール

しかし昨今、若者のビール離れなど国内ビール産業の衰退が謳われています。

今回のエントリでは、ビールが誕生してから日本にやってくるまでの歴史と、国内主要プレイヤーの現状について見ていきます。


紀元前4000年シュメール人によりビールが誕生。日本に訪れたのは1613年

ビールの誕生は紀元前4000~8000年前に遡ると言われています。

現在のイラクに位置する、メソポタミアに興ったシュメール文明にビールの起源があります。

Sip Like a Sumerian: Ancient Beer Recipe Recreated from Millennia-Old Cuneiform Tablets

この画像はシュメール人がストロー状のものを用いてビールを飲んでいる姿で、紀元前4000年前のものと言われています。

では日本にはいつ頃からどのように広まったのでしょうか。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
2017年09月25日 16:02

「バドワイザー」「コロナ」などを抱える世界最大のビールメーカー、ABインベブの事業数値を分析!

全体の業績
コスト構造
地域ごとの販売量
地域ごとの売上高
地域ごとのコスト構造
財政状況
キャッシュフローの分析

今回は、世界最大のアルコール飲料メーカー、アンハイザー・ブッシュ・インベブの事業数値を追ってみたいと思います。

同社の歴史については過去に調べています。
世界最大のアルコール飲料メーカー「ABインベブ」の歴史


2018年01月30日 14:19

世界2位の食品飲料メーカー!「ペプシコーラ」「リプトン」など多くのブランドを抱えるアメリカの優良企業「ペプシコ」

ペプシコーラ誕生からペプシコ設立までの歴史
セグメント売上高と営業利益
ペプシコの財政状況とEV、キャッシュフロー

世界で2番目に大きな食品・飲料会社「ペプシコ」についてまとめてみます。

ペプシコは「ペプシコーラ」「トロピカーナ」「ドリトス」「リプトン」など、日本でもおなじみの食品ブランドを多く抱える企業です。

2017年07月02日 21:10

世界最大のアルコール飲料メーカー「ABインベブ」の歴史

まとめ

アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は、ベルギーのルーヴェンに本社をおく世界最大のアルコール飲料メーカー。バドワイザーやコロナビールなど、誰もが一度は聞いたことのあるビールブランドを多数抱えている。名前は変だけど。


2018年11月25日 12:00

ワイン、ビールが飲めるアメリカの映画館!「iPic Entertainment」

ワイン、ビールが飲めるアメリカの映画館!「iPic Entertainment」
シートからお酒を頼め、チケットの値段は平均の2倍(20ドル)
入場者数(101万→305万人)と顧客単価が増加(18.8ドル→24.8ドル)
給与および手当の割合が27.6%を占める
サウジアラビアに進出予定、Netflixを映画館で見れるように

今回はアメリカで高級映画館を運営する「iPic Entertainment」(ティッカーシンボル:IPIC)についてまとめていきたいと思います。


2019年01月10日 20:00

タバコ会社なのに煙のない世界を目指す世界最大のタバコメーカー「フィリップモリス」

タバコ会社なのに煙のない世界を目指す世界最大のタバコメーカー「フィリップモリス」
『マルボロ』は世界(中国以外)で10%のシェアを握る
原価率は13.4%と低いが、税金で売上の63%を持っていかれる
先進国でのタバコ需要は減少、加熱式へのシフトを宣言

今回取り上げるのは、(中国以外では)世界最大のタバコメーカー「フィリップモリス・インターナショナル」です。

創業は1847年のことで、社名と同じフィリップ・モリス氏がロンドンのボンド街でタバコの輸入販売店をスタートしました。