素人目に理解が難しいインターネット企業No.1(?)であるフリークアウトHDの事業戦略を紐解く

今日はアドテックの新鋭企業、フリークアウトHDについて調べてみます。

以前から思っていたのですが、フリークアウトという会社は素人目には少し理解が難しい会社です。

決算書を見ていると、DSPやらRTBやら、3文字英略語がたくさん出てきます。

今回は出てきた英略語を一つずつチェックした上で、フリークアウトの事業について理解を深めていきたいと思います。

フリークアウトのこれまで

まずは会社の経緯をチェックします。

フリークアウトは、2010年10月にRTB(リアルタイム入札)によるDSP(デマンドサイド・プラットフォーム)の開発を目的に設立されました。

翌年1月にはDSP「FreakOut」を公開。

2013年3月にはプライベートDMP(データマネジメント・プラットフォーム)の「MOTHER」を正式にサービス開始。

2014年には早くも東証マザーズに株式を上場しています。

この続きを見るには
(4215文字 画像18枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
売上高は過去最高の47億円!「フリークアウト・ホールディングス」2019年2Q最新決算

売上高は過去最高の47億円!「フリークアウト・ホールディングス」2019年2Q最新決算

広告、及びアドテクノロジー事業を展開する「フリークアウト・ホールディングス」(証券コード:6094)の最新決算が発表されました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード