実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算
2018年12月07日 12:00

実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算

フィンテックといえば先日取り上げたイギリスなどの印象が強いですが、南米・ブラジルでも急成長企業が複数登場しています。

今回は「Pagseguro」(ティッカーシンボル: PAGS)と「Stone」(ティッカーシンボル: STNE)2社の最新決算をチェックしていきます。

infcurion insight


店舗向け決済ソリューション「Pagseguro」: 四半期売上は約333億円(+65.6%)

Pagseguroは2006年にブラジルのテクノロジー企業「UOL(Universo Online)」がデジタル決済サービスを提供するスタートアップを買収し、「PagSeguro」のサービスを運営開始しました。

公式HP

UOLはブラジル最大のインターネットコンテンツ企業で、2017年5月にユニーク訪問者数は8,120万人。

PagSeguroは、店舗向けの決済ソリューションとして2016年までにブラジル最大規模にまで成長しています。

2018年3Q決算説明資料

今四半期の売上は11.4億レアル(333億円)、営業利益は3.2億レアル(94億円)ほど。

対前年の成長率は65.7%と、引き続き急速な成長を続けています。

営業利益率もかなりの高水準となっており、直近は30%前後で推移しています。


決済手数料収益(175億円)と「先払い」による金融収益(113億円)の二本柱。決済高は約5,920億円(+89.9%)

Pagseguroは世界を代表する決済サービス「PayPal」と似たようなビジネスモデルを構築しています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
国内 PagSeguro Digital Ltd. StoneCo Ltd.
2018年09月02日 20:10

高額紙幣廃止によってキャシュレス化が進行!ソフトバンク、グーグルが目を光らせる「インド」決済市場

キャッシュレス化が進まない背景
改革:高額紙幣廃止・デジタルインド計画・国民ID計画
インドでの決済手段
展望:インドのモバイル決済市場

前回まで韓国のキャッシュレス化のあゆみや中国がモバイル決済大国になった経緯などを調べてきました。


2019年02月10日 12:00

Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)

Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)
中国発の資金管理サービス「CGTZ」
請求書管理自動化を手掛ける「AvidXchange」
デンマーク発のプラットフォームプロバイダ「Tradeshift」
野村HDも投資する金融機関向けメッセージツール「Symphony」
中小企業向け給与・人事ツール「Gusto」
後払い決済サービスを提供するスウェーデン発ユニコーン「Klarna」
第三者決済を中心に発展した中国企業「Lakala」

前編のローン系7社に引き続き、中編ではビジネスツール・決済系Fintech企業7社を取り上げて、紹介していきたいと思います。


まずはビジネスツール系Fintech企業の5社からです。

2019年02月09日 12:00

Fintechユニコーン企業まとめ前編(ローン系Fintech7選)

Fintechユニコーン企業まとめ前編(ローン系Fintech7選)
「SoFi Money」で話題となったFintechユニコーン最大級の「Social Finance」
ブラジル発の低所得者向けサービス「Nubank」
イギリス発成長企業向けローン「ACORN OakNorth」
ミレニアル世代向けEコマース即時ローン「Affirm」
利用者60万人のオンライン審査ローン「Avant」
8年で利用者826万人の中国ユニコーン「Tuandaiwang」
スモールビジネスに加えて個人向けサービスも開始した「Kabbage」

今回は3編にわたり、Fintech関連のユニコーン企業を紹介したいと思います。

(ユニコーン:評価額10億ドル以上の未上場企業の通称)


2019年01月29日 07:00

導入店舗数は5.8万店舗!クラウドPOSレジを提供する「スマレジ」が新規上場

導入店舗数は5.8万店舗!クラウドPOSレジを提供する「スマレジ」が新規上場
月額0円から使えるPOSレジシステム「スマレジ」を運営、売上成長率は48.5%
0円から12,000円まで5つの料金プラン、周辺機器販売もおこなう
スマレジの導入店舗数は5.8万店舗(63%が小売・飲食)、累積取扱高は1.3兆円
「軽減税率対策補助金」によりスマレジ導入費用の3/4を国が負担

今回は1/25にマザーズ上場が承認された(株)スマレジ(証券コード:4431)についてまとめていきます。

月額0円から使えるPOSレジシステム「スマレジ」を運営、売上成長率は48.5%

(株)スマレジは2005年にHPの作成等を目的に設立されました。

2019年01月09日 20:00

年間取扱高は60兆円以上!アメリカの地銀向けバンキングシステムを提供する「Q2 Holdings」

年間取扱高は60兆円以上!アメリカの地銀向けバンキングシステムを提供する「Q2 Holdings」
地銀出身の連続起業家が2005年に創業。2017年の売上は1.9億ドル(前年比+29%)
メインターゲットは中小規模の金融機関「RCFIs」。ユーザー数は1,000万人を突破
売上原価率は51%まで改善。時価総額は22億ドル
アメリカ国内の「RCFIs」は1万以上も存在。レンディングサービス買収でTAMを20億ドル拡大

今回取り上げるのはアメリカのFinTech関連SaaS企業「Q2 Holdings」です。

公式HP

地銀出身の連続起業家が2005年に創業。2017年の売上は1.9億ドル(前年比+29%)