実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算

3日前

フィンテックといえば先日取り上げたイギリスなどの印象が強いですが、南米・ブラジルでも急成長企業が複数登場しています。

今回は「Pagseguro」(ティッカーシンボル: PAGS)と「Stone」(ティッカーシンボル: STNE)2社の最新決算をチェックしていきます。

infcurion insight


店舗向け決済ソリューション「Pagseguro」: 四半期売上は約333億円(+65.6%)

Pagseguroは2006年にブラジルのテクノロジー企業「UOL(Universo Online)」がデジタル決済サービスを提供するスタートアップを買収し、「PagSeguro」のサービスを運営開始しました。

公式HP

UOLはブラジル最大のインターネットコンテンツ企業で、2017年5月にユニーク訪問者数は8,120万人。

PagSeguroは、店舗向けの決済ソリューションとして2016年までにブラジル最大規模にまで成長しています。

2018年3Q決算説明資料

今四半期の売上は11.4億レアル(333億円)、営業利益は3.2億レアル(94億円)ほど。

対前年の成長率は65.7%と、引き続き急速な成長を続けています。

営業利益率もかなりの高水準となっており、直近は30%前後で推移しています。


決済手数料収益(175億円)と「先払い」による金融収益(113億円)の二本柱。決済高は約5,920億円(+89.9%)

Pagseguroは世界を代表する決済サービス「PayPal」と似たようなビジネスモデルを構築しています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加