行政サービスの99%がデジタル化!エストニアにスタートアップが多い理由とユニコーン2社まとめ

行政サービスの99%がデジタル化!エストニアにスタートアップが多い理由とユニコーン2社まとめ

2018年12月09日 20:00

Skypeを生んだ国であることや行政サービスの99%が電子化されているなど、何かと話題の多いエストニア。


今回のエントリでは、「エストニアのデジタル化を支える仕組み」と「スタートアップが多い理由」、最後にエストニアの「ユニコーン企業2社」についてまとめていきます。

行政サービスの99%デジタル化を支える2つの仕組み「e-IDカード」「X-Road」

エストニアはバルト海とフィンランド湾に接する北欧の国です。

人口は130万人ほどしかおらず、これは岩手県の人口(131万人)とほぼ同じくらいです。

総面積は4.5万平方kmほどで、日本の国土(37.8万平方km)の10分の1ほどしかありません。

比較的小国とも言えるエストニアですが、行政サービスの99%が電子化されている"e-Nation"です。

ちなみに、残りの1%は「結婚、離婚、不動産売却」です。

電子国家として一躍有名になったエストニアですが、デジタル化を進める上で特に重要な仕組みが2つあります。


①e-IDカード

ResearchGate

2002年、15歳以上の全国民に対して「e-IDカード」の所持が義務づけられ、2018年現在エストニア国民のe-IDカード所有率は98%です。

e-IDカードには日本のマイナンバーに該当する国民IDが記載されており、このカードを使うことで様々な行政サービスを利用することができます。

この続きを見るには
(3283文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

2019年01月06日 20:00

今回はシリコンバレーの歴史をさらに遡り、「谷」の土壌となったスタンフォード大学とヒューレットパッカードの発祥についてまとめてみたいと思います。

「シリコンバレー」の始まりはショックレー研究所からですが、その前からすでに「ラジオバレー」とも言うべき土壌が存在しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード