営業利益率が驚異の44.5%に上昇!教育メディア圧倒的No.1を目指す「イトクロ」2018年10月期決算

営業利益率が驚異の44.5%に上昇!教育メディア圧倒的No.1を目指す「イトクロ」2018年10月期決算

領域特化型メディアなどを展開するインターネット企業「イトクロ」(証券コード: 6049)の2018年10月期決算が発表されました。

2018年10月期決算説明資料


通期売上は44.9億円(前期比+13.9%)、営業利益20.0億円(営業利益率: 44.5%)


今期の売上は13.9%増収の44.9億円、営業利益は20億円の大台に到達しました。

なお、17/10期にかけて売上高が減少していますが、有価証券報告書によるとイトクロは17/10期より会計方針を変更しています。

「リスティング費用及び他のサイト運営会社に支払う成果報酬費用」を「売上高から控除する方法(純額表示)」に変更し、より実態に近い業績が開示されるようになりました。

この続きを見るには
(2355文字 画像21枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
東大現役合格、史上最高801名!映像×FCの教育大手「ナガセ」

東大現役合格、史上最高801名!映像×FCの教育大手「ナガセ」

2019年06月24日 12:00

センター試験が廃止され、2020年度から新方式の入試制度が導入されることが決定したのは衝撃的でした。私立大学の合格者絞り込みなど、近年の受験業界を取りまく環境は大きく変わり続けています。

そのような環境変化の中で、史上最高の東大現役合格者数を達成した予備校があります。 今回はそんな受験業界の教育大手「東進」で有名な「ナガセ」(証券コード:9733)を取り上げます。

6期連続の増収で売上は1.6倍!教育事業を中心に事業展開する「ヒューマンホールディングス」

6期連続の増収で売上は1.6倍!教育事業を中心に事業展開する「ヒューマンホールディングス」

ヒューマンアカデミーなど教育を中心に事業を展開する「ヒューマンホールディングス」(証券コード : 2415)を扱います。先日は資格の学校「TAC」を紹介しましたが、今回はその第2弾として資格講座などの教育事業を行うこちらの企業も見ていきましょう!

教育を中心に様々な事業を手がける

個人向けでは儲からない!?資格専門の予備校「TAC」

個人向けでは儲からない!?資格専門の予備校「TAC」

2019年04月30日 12:00

今回は資格試験専門の予備校を運営する「TAC」(証券コード : 4319) をチェックしていきます。一人で勉強するのが難しい資格試験ですが、いったいどれほどの人が利用しているのでしょうか?

シェア/お気に入り
資料をダウンロード