メガネから髭剃りのD2Cまで!世界のD2Cブランド大特集(前編)

2018年12月15日

前回までアパレルチェーンの変遷の歴史をまとめてきました。(SPAの登場〜D2Cの台頭まで!アパレル・サプライチェーンの歴史まとめ

今回は世界のD2Cブランドについて見ていきたいと思います。

D2CとはDirect to Consumerの略で、自社で企画、製造した商品を直接自社のECサイトで販売するビジネスモデルです。

ユニクロなどのSPAとの違いは、主な販路を自社ECサイトにしているところです。

さらに広告は主にSNSで行い、実店舗は販売目的ではなく、顧客に『体験』を提供することを目的としています。

それではさっそく世界のD2Cブランドについてそれぞれまとめていきたいと思います。

Reformation:エコ×ファッション

Reformation

Reformationは2009年にYael Aflalo氏によってロサンゼルスで創業されたD2Cファッションブランドで、現在アメリカで8店舗を展開しています。

Reformationのテーマは「サステナブル」であり、服には環境に優しいTENCELというユーカリの木からできる素材が使用されています。

ドレスからジーンズまで様々な服を販売しており、価格は50ドル以下から250ドル以上まで幅広いものとなっています。

2014年から年成長率60%を維持しており、2017年の売上は1億ドルを突破したとのこと。

Reformation Raises $25 Million to Fuel Brick-and-Mortar Growth

Warby Parker: ユニコーン入りしたD2C眼鏡スタートアップ

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
スタートアップ 業界特集 EC