連結会計システムで国内シェアNo.1!CFO組織のデジタル化を推進する「アバント」

2018年12月18日

今回は連結会計システムなどを提供する「アバント」(証券コード: 3836)について取り上げます。

公式HP


コンサル時代のシステム導入経験を活かし、連結会計システムを開発。18/6期の売上高は121億円(+15%)

アバントの創業者は現在も代表取締役社長を務める森川徹治氏です。

森川氏は中央大学を卒業後、1990年にプライスウォーターハウスコンサルタント(2002年にIBMが買収)で社会人生活をスタート。

顧客企業への会計システム導入経験を活かし、1997年に「ディーバ」を設立しました。

参考: 日経ビジネス「日本独自の連結会計ソフトを開発した『ディーバ』」)

連結会計パッケージ「DivaSystem」の開発・販売に加え、2004年には連結会計業務の「アウトソーシング」サービスも開始しています。

2007年に大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット(現・東証 JASDAQ)へ上場。

現在では国内時価総額トップ50社の半数以上が「DivaSystem」を利用しており、連結会計システムとして国内シェアNo.1を誇っています。


アバントは右肩上がりの成長を続けており、18/6期の売上は121.1億円となっています。

営業利益は16.3億円で、営業利益率は13.5%まで高まっています。


連結会計のワークフローに沿ったUI設計。導入企業数は1,000社到達間近

アバントが提供する会計システムは「連結会計」に特化しています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
成長企業(新規上場) アバント