2年半で62社がグループに参入!赤字拡大でM&Aを凍結した「RIZAPグループ」の上場子会社まとめ

2年半で62社がグループに参入!赤字拡大でM&Aを凍結した「RIZAPグループ」の上場子会社まとめ

2018年12月22日 07:00

2019年2Q決算では増収するも赤字幅を拡大したRIZAPグループは原則としてM&Aを凍結して、経営再建に集中すると発表しました。

RIZAPグループは積極的に買収を行なっており、2016年3月末時点では23社だったグループ会社が2018年9月末時点には85社まで増えています。

業績不振の企業を買収して経営再建する方法で進めてきましたが、RIZAPグループに参入した企業の業績はどうなっているのでしょうか。

今回のエントリでは85社のうち、上場している9社の業績を見ていきたいと思います。

『BRUNO』キッチン家電が好調で業績を伸ばしている「イデアインターナショナル」

最初はインテリ雑貨やトラベルコスメなどを扱う「イデアインターナショナル」です。

BRUNO

イデアインターナショナルではキッチン家電を扱う自社ブランド『BRUNO』などを展開しており、店舗やオンラインストアから購入することができます。

2013年9月に買収されて以降、売上は右肩上がりで増加しています。

また、営業利益も4.2億円と増加傾向にあることがわかります。

『BRUNO』のホットプレートが人気商品となっており、2018年4月時点で累計販売台数が100万台を超えています。

国内だけでなく中国などの海外にも人気があります。

この『BRUNO』キッチン家電の売上は好調で、2018/6期は33%も増加しています。

2019/6期の売上予想は55%増加の140億円で、営業利益は48%増加の6.2億円と引き続き高成長が続きそうです。

この続きを見るには
(3650文字 画像37枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード