新興国のオンラインマーケットプレイスなど7社!スカイプマフィア(後編)
2018年12月13日 12:00

新興国のオンラインマーケットプレイスなど7社!スカイプマフィア(後編)

スカイプマフィア(前編)ではスカイプ出身者によるスタートアップ8社について見ていきました。

後編では、もう7社ほど見ていこうと思います。

SkypeMafia

インスリン注射のスマートキャップを販売する「Timesulin」


Timesulin

1社目は、糖尿病患者のインスリン注射の時間やインスリン量の管理を補助する「Timesulin」です。 

Skype創業者の一人であるAndreas Sjolund氏とその兄弟のJohnSjolund氏によって2010年に設立されました。  

JohnSjolund氏は1歳の頃から糖尿病を患っており、インスリン注射をいつどれだけ行なっているかすぐ忘れてしまったそうです。

TimeslulinのHPによると、93%の糖尿病患者がインスリンを投入したかどうか覚えていないという問題を抱えているとのこと。 

これにより、血糖値が上がり過ぎていないか不安になったり、仕事に支障をきたすなどの弊害があるそうです。

そこで、糖尿病患者のインスリン投入のタイミング・量を自動で管理してくれるのがTimesulinです。  

使い方は、Timesulinについているタブを抜いて、自分のインスリンペンにはめ込むだけです。  

あとはTImesulinが自動で摂取するべきタイミングと量をカウントしてくれます。

価格は11.99ポンド(1,700円)で、2個買うと配送料金が無料になります。

世界糖尿病デー

IDF DIABEATS ATLASによる世界の糖尿病人口を見ると、2017年時点の糖尿病の人口は4.25億人ですが、2045年には患者数が48%増えて6.29億人になると言われています。

地域別で見ていくと、アジアは15%増加で、アフリカは156%増加すると言われています。

次に大きいのが中東・北アメリカで患者数が72%増加すると言われており、これらの地域でTimesulinの需要は高まっていくことが予想されます。


オンライン上で家主と賃貸人のプロフィールを参照できる英国初のサービス「rentprofile」

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
スタートアップ