売上3倍の『ハコベル』が成長を牽引!利益創出フェーズでも43%増収の「ラクスル」2019年7月期1Q決算

2018年12月13日

印刷通販などを手がける「ラクスル」(証券コード: 4384)の2019年7月期1Q決算が発表されました。

2019年7月期1Q決算説明資料

ラクスルは印刷通販『ラクスル』や運送マッチングサービス『ハコベル』という2つのプラットフォームを展開しています。


四半期売上は34.3億円(+43.6%)、営業利益は3,400万円(4四半期連続で営業黒字)

印刷事業、運送事業ともに3Q(2月〜4月)が繁忙期ですが、今四半期の売上は34.3億円と右肩上がりの増収を続けています。

2018年度2Qから4四半期連続で営業黒字を達成しており、今四半期の営業利益は3,400万円となっています。

対前年の売上成長率は43.6%で、引き続き高い成長率をキープ。

業績拡大と収益性の向上を両立しています。


印刷事業が安定的に利益を創出(セグメント利益: 3.0億円)。ラクスル累計ユーザー数は70万人超え

ラクスルはいずれの事業もバランス良く成長を続けています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
決算まとめ EC ラクスル