D2Cからカジノまで!9-10月の米国IPOで気になった8社を一気にチェック

2018年12月20日

アメリカではクリスマス休暇ムードが漂う季節となってきました。

今回は2018年9月から10月にかけて、米国でIPOを行った企業のうち、気になった8社について一気にまとめていきます。


9月から10月にかけて米国でIPOを実施した企業は全部で54社(9月: 25社、10月: 29社)あります。

なお

LAIX

SurveyMonkey

EVENTBRITE

QUTOUTIAO

NIO

STONE

NIU

UPWORK

以上の企業に関しては既に取り上げているため、ぜひ過去記事をご参照ください。


AIによる自動修正機能を搭載したキーボートアプリを配信する「CooTek」(時価総額:5.3億ドル)

「CooTek」(ティッカーシンボル: CTK)はスマートフォン向けのアプリケーションを開発・配信する企業です。

AI機能を搭載したキーボードのアプリケーション「TouchPal Keyborad」の開発・配信も行っています。

AIがユーザーの入力パターンを分析し、誤字を入力しても自動で修正してくれます。

また、会話の文脈を理解し、レストランの情報から天気予報まで様々な情報入力の補助を行ってくれます。

17/12期の売上は3,733万ドル、営業利益はマイナス2,397 万ドルとなっています。

16/12期から17/12期にかけて、売上が3.4倍になっています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン