海外事業の売上が3倍!「MaaS」への取り組みも開始する「パーク24」2018年10月期決算

2018年12月19日

駐車場「タイムズ」などを運営する「パーク24」(証券コード: 4666)の2018年10月期決算が発表されました。

2018年10月期決算短信

パーク24は「国内駐車場」「海外駐車場」に加えてカーシェアなどの「モビリティ」事業を展開しています。


通期売上は2,985.2億円(+28.1%)、営業利益225.4億円(営業利益率: 7.6%)

業績規模は着々と拡大しており、今期の売上は2,985.2億円となっています。

営業利益は225.4億円まで増加しました。

増収率は右肩上がりに上昇しており、今期は28.1%に達しました。

営業利益率は減少傾向で、現在は10%台を下回っています。


海外駐車場の売上が2.9倍(237億円→683億円)、2017年8月に買収したイギリス最大の駐車場会社「National Car Parks」が通年寄与

セグメント別売上高を見てみると、パーク24の成長ドライバーがハッキリとわかります。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
決算まとめ パーク24