シェア5%のセガが任天堂に勝利!王座を奪うもお家騒動で転落するまで【アメリカ家庭用ゲームの歴史③】

シェア5%のセガが任天堂に勝利!王座を奪うもお家騒動で転落するまで【アメリカ家庭用ゲームの歴史③】

2018年12月19日 20:00

前回は崩壊したゲーム市場を任天堂が復活させるところまでまとめました。


今回はシェア5%しかなかったセガが王者ニンテンドーからシェアを奪うも転落するまでです。

セガは前身となる会社が1951年にジュークボックスの輸入・販売を目的として創業され、1983年から家庭用ゲーム機に進出しています。

任天堂、ソニーと並ぶ3大家庭用ゲームハードメーカーとして、『メガドライブ』や『セガサターン』『ドリームキャスト』などのゲーム機を製造していましたが2001年にゲームハードから撤退しました。

2004年にサミーと経営統合してセガサミーホールディングスを設立しています。

1989年にファミコンより優れた16ビット機『ジェネシス』を販売するも35万台と大ヒットにはならず

アメリカでの家庭用ゲーム機販売の拠点としてセガ・オブ・アメリカが1986年に設立されます。

この続きを見るには
(4088文字 画像9枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
海外に400店舗を展開!「イオンファンタジー」2019年2月期本決算

海外に400店舗を展開!「イオンファンタジー」2019年2月期本決算

2019年04月26日 07:05

クレーンゲームやメダルゲームなどのアミューズメント事業を展開する「イオンファンタジー」(証券コード:4343)が決算を発表しました。