『EPARKお薬手帳』が急成長!「アルク」買収でエドテック事業に参入する「フリービット」

『EPARKお薬手帳』が急成長!「アルク」買収でエドテック事業に参入する「フリービット」

2018年12月20日 07:00

今回はISP事業などを展開するインターネット企業「フリービット」(証券コード: 3843)を取り上げます。

2019年4月期2Q決算説明資料

創業者はインターネット黎明期に慶應SFCで学生起業した経験を持つ石田宏樹氏。18/4期売上は386.5億円

フリービットの創業者は現・会長の石田宏樹氏です。

慶應義塾大学総合政策学部へ入学し、「インターネットの父」といわれる村井純氏から教えを受けたことでITの世界へ。

在学中にインターネット関連コンテンツ制作およびコンサルティングを手掛ける有限会社リセットを設立します。

石田氏の活躍がインターネット業界で評判となり、1995年に三菱電機のISP(インターネット・サービス・プロバイダー)事業立ち上げに参画。

「ドリーム・トレイン・インターネット(以下DTI)」社の最高戦略責任者に就任し、顧客満足度No.1のISPと評価を受けるまでに会社を成長させました。

参考

そして2000年、同じくISP事業を展開する「フリービット・ドットコム」を設立。

創業当初は電話回線があればどこからでも利用できる「ナローバンド接続」がメインでしたが、ソフトバンクの「Yahoo!BB」参入に対抗するべく「ブロードバンド接続」サービスも開始しました。

この続きを見るには
(3273文字 画像24枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
従業員1人で903万円の営業CF 法人契約やマンション契約が躍進「朝日ネット」

従業員1人で903万円の営業CF 法人契約やマンション契約が躍進「朝日ネット」

2019年04月23日 07:00

今回は「朝日ネット(証券コード:2782)」について見ていきます。彼らは中堅上場企業「NEXT1000」の中で、「従業員一人当たりの営業CF」で2位にランクインしている企業です。(参考記事) どのような企業なのでしょうか?

高品質インターネット回線を提供する「朝日ネット」朝日ネットの前身である株式会社アトソンは、1990年にパソコン通信を中心に事業を開始。2001年に朝日ネットに社名変更し光通信を開始。2014年から2018年まで5年連続でブロードバンドアワード部門で総合最優秀賞を獲得しています。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード