「十五大財閥」はどのようにデカくなったのか!各財閥のルーツまとめ(後編)

2018年12月22日

「十五大財閥」はどのようにデカくなったのか!(前編)では、四大財閥(三菱・住友・三井・安田)について見ていきました。

左 井上馨 右 渋沢栄一

後編では、その他の財閥についてまとめていきます。

渋沢財閥:資本主義の父・渋沢栄一により創立。設立に関わった企業数は約500社

渋沢財閥は、資本主義の父・渋沢栄一(1840~1931年)により創設された財閥です。

 渋沢栄一は埼玉県の豪農の子供として生まれ、のちに幕末最後の将軍「徳川慶喜」のもとで幕臣をしていました。 

大政奉還がおこなわれると、徳川家は駿河藩(静岡県)の藩主となります。  

徳川家に仕えていた渋沢栄一も静岡県に滞在。そこで「商工会所」という半官半民の企業を設立し、大儲けします。  

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
経営者列伝 業界特集