クリスマスの本場は「森林率」73%!「ノキア」も生んだフィンランド林業の歴史と現在

2018年12月24日

クリスマスと聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか。

サンタクロースの故郷として有名なのが北欧・フィンランド(発祥の地はトルコのようです)。

また、街を彩るクリスマス「ツリー」に関しても、実はフィンランドは世界で欠かせない存在となっています。


フィンランドは「森林率」73%で先進国トップ

クリスマスツリーに必要な「森」という観点で興味深いデータがあります。

(「私の森.jp」を参考にWorld Bankからデータを最新化)

国土における森林の占める割合を示した「森林率」で、フィンランドは先進国1位の73.1%(日本は68.5%で3位)。

このデータからもフィンランドが「クリスマス」と切っても切り離せない国であることがわかります。

Finnish Forest Industries

フィンランドの林業は200億ユーロ(2.5兆円)を誇り、鉱工業に次ぐ一大産業となっています。

林業がGDPに占める割合は約4%で、輸出額全体の20%を林産物が占めており、フィンランド経済において重要な役割を果たしてます。


今回はクリスマスとも縁が深い森林大国「フィンランド」の林業事情について調べてみたいと思います。


大航海時代の造船ブームでフィンランドの林業が拡大。「ノキア」も最初は製紙会社から始まった

最初にフィンランドで林業がどのように発展してきたのか、簡単に歴史をたどってみます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
業界特集 Nokia Corporation