リアルタイム銃撃検知のSaaS企業!アメリカ警察の積極的な導入で53%増収の「ShotSpotter」
2018年12月26日 07:00

リアルタイム銃撃検知のSaaS企業!アメリカ警察の積極的な導入で53%増収の「ShotSpotter」

今回は2017年6月にNASDAQに上場し、アメリカで銃撃検知サービスを提供する「ShotSpotter」(ティッカーシンボル:SSTI)についてまとめていきます。

ShotSpotterは1996年にアメリカ・サンフランシスコで設立された企業です。

銃撃検知サービスの中では世界トップのシェア。


その評判は良く、ニューヨークやシカゴなどの警察でも導入されています。

2都市の警察機関に加えて88都市、77の警察機関が導入。

全米の警察機関が積極的に導入を進めているサービスとなっています。

2017年6月にはNASDAQへの上場を果たしています。


それでは業績を確認していきます。

17/12期の売上は2,376万ドル、営業利益はマイナス433万ドル。

16/12期から17/12期にかけての売上成長率は53%となっています。


言わずと知れた世界最大の銃社会であるアメリカで銃撃検知サービスを提供する「ShotSpotter」。

一体どんなサービスを展開しているのでしょうか。

リアルタイムで銃撃を検知し、60秒以内に警察や大学などに通報。

ShotSpotterでは銃撃検知サービスを警察や学校などに提供しています。  

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
国内 欧米 ShotSpotter, Inc.
2019年03月18日 07:00

海外売上が60%以上!ユーザーのデータを勝手に送信?「トレンドマイクロ」2018年本決算

海外売上が60%以上!ユーザーのデータを勝手に送信?「トレンドマイクロ」2018年本決算

今回は「トレンドマイクロ」(証券コード:4704)の2018年度本決算について取り上げたいと思います。

トレンドマイクロは2018年9月、iOSアプリがApp Storeから削除され話題となった

トレンドマイクロは最近、2018年9月に自社製アプリが中国のサーバへ無断でユーザーのデータを送信していたとして、Mac向けおよびiPhone向けのAppStoreから削除されたニュースが話題になりました。

2018年03月31日 09:37

次世代セキュリティで急成長!他社との連携によるプラットフォーム化を図る「パロアルトネットワークス」

2017年、マルウェアの一種ランサムウェア「WannaCry」が世界中の企業で大規模な被害をもたらした。

サイバー攻撃の高度化・複雑化に対応するために様々なセキュリティ製品・セキュリティ会社が存在するが、その中でも成長著しいパロアルトネットワークスを今回取り上げる。

2005年に創業されたパロアルトネットワークスは、世界初のアプリケーションを制御する機能を搭載した次世代ファイアウォール(PAシリーズ)から始まった。

2017年11月02日 19:04

次の注力はセキュリティ?Facebook 2017Q3決算でザッカーバーグが言ったことのまとめ

昨夜、Facebookの決算が出てまあすばらしい結果でしたが、いろんなところで語られていて特に言及する必要もないかなあと思いました。

なので、今回は決算コール(Conference Call)でザッカーバーグが何を発言したか、という点に絞ってまとめてみたいと思います。