世界一のバイク市場を牽引!インド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」

2018年12月25日

今回取り上げるのはインド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」です。

公式HP


ホンダとの合弁会社としてスタート。18/3期の売上高は約5,246億円

Hero Motocorpの始まりは1984年。

インド最大級の自転車メーカー「Hero Cycle」と日本のホンダが合弁で「Hero Honda」を設立してインドでのバイク生産を開始しました。

インドのバイク市場は国内メーカーによる寡占状態となっていましたが、政府の外資規制緩和をきっかけにスズキ、川崎重工など日本企業が参入。

Hero Hondaもその流れに乗ってシェアを拡大していきます。

しかし、自社製品のインド販売を強化したいホンダとの間に亀裂が生じ、2010年に合弁を解消。

2011年にHero Motocorpに社名を変更して現在に至ります。

18/3期の売上高は3,340億ルピー(5,246億円)で前年から6.4%の増収。

税引前利益も524億ルピー(823億円)まで増加し、利益率は15.7%となっています。


販売台数は約760万台。メンバーシップサービスの会員数が100万人を突破

Hero Motocorpの商品ラインナップは大きく「バイク」と「スクーター」に分かれます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
中国・アジア