Adobe Systemsはいつサブスクリプション企業に変わったか?20年間の決算数値を追う!

2017年10月21日 18:52

今日はソフトウェアサービスの老舗「Adobe Systems」について調べたいと思います。

Adobeは1982年にゼロックスを退職したジョン・ワーノックとチャック・ゲシキによって設立されました。

1983年にはページ記述言語「PostScript」をApple Computer向けにライセンス提供し、同時にAppleからの出資を受けます。

当初はApple向けが収益のほとんどを占め、1986年の売上1600万ドルの84%がAppleでしたが、同じ年にNASDAQに株式上場を果たします。

1987年にはグラフィクス作成ソフト「Illustrator」を発表。翌年にはトーマス・ノールらが開発した「Photoshop」をライセンス販売する権利を獲得し、Illustratorのアドオンとして公開します。

1990年には独立したソフトウェアとして「Photoshop 1」を公開。1995年にはPhotoshopを3550万ドルで買収します。

2005年には「Flash」や「Dreamweaver」を有するマクロメディアを34億ドルで買収。

その他にも、今や世界標準となった文書規格のPDFを1993年に無料で利用できるようにするなど、テクノロジー業界全体に大きな影響を与えてきたのがAdobe Systemsという会社です。

業績推移

それでは、Adobeの事業数値を追っていきましょう。まずは全体の損益推移です。

この続きを見るには
(2144文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード