スポンサー収入が爆増!eスポーツプラットフォーム「Super League Gaming」が上場申請

スポンサー収入が爆増!eスポーツプラットフォーム「Super League Gaming」が上場申請

2019年01月14日 20:00

前回eスポーツの歴史やeスポーツ関連のスタートアップ(前編後編)について特集しました。

タイミング良く、アメリカでeスポーツプラットフォームを提供する「Super League Gaming」がナスダックに上場申請書を提出したので、今回はSuper League Gamingについて取り上げていきたいと思います。


2018年3Qの売上は64万ドルに爆増、通期の営業損失は1,367万ドル

Super League Gaming

Super League Gamingの創業者はSteigelfest氏。

Steigelfest氏は2001年から2008年までドイツ銀行で働き、その後メディア事業などを運営するスタートアップを創業。

その後、2014年に創業したのがSuper League Gamingです。

現在は自社プラットフォーム(オンライン&オフライン)を通して様々なeスポーツのイベントを開催しています。

アマチュア層をターゲットにしており、週に8時間以上ゲームをする方向けに映画館を貸し切ってゲームイベントを開催。

開催に応じて参加者から参加料金を取っています。

この続きを見るには
(1803文字 画像18枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。