風力発電タービンで世界シェアNo.1!売上高1.2兆円を誇るデンマーク企業「Vestas」
2019年01月17日 12:00

風力発電タービンで世界シェアNo.1!売上高1.2兆円を誇るデンマーク企業「Vestas」

今回は、風力発電タービンの開発・製造を行うデンマーク企業「Vestas」(ティッカーシンボル:VWS)についてまとめていきます。

まず世界の自然エネルギーの現状について確認してみます。

(環境エネルギー政策研究所 自然エネルギー白書2017)

世界の発電量に占める自然エネルギーの割合は24.5%で、その内水力が16.6%を占めています。

次いで風力が4%、バイオマスが2%、太陽光が1.5%となっています。

日本で再生エネルギーと聞くと、太陽光を思い浮かべる人が多いかと思いますが、世界的に見ると風力が主流となっていることが分かります。

今回紹介する「Vestas」は風力発電タービンの市場において世界シェアNo.1を誇る企業となっています。

設立は1898年で元々は鍛冶屋だった。売上は1.2兆円、営業利益は1,522億円

Vestasの設立は1898年で、当初は鍛冶屋でした。

その後、窓枠、キッチン用品、農業用機器、水圧式クレーンと事業を次々と変えていきます。

一方、企業規模は年々拡大していき、1968年には65カ国に水圧式クレーンを輸出するまでに成長します。

現在のメイン事業である風力発電タービンの開発・製造を初めたのは1979年。

翌年の1980年から大量生産に取り掛かり、1990年代には世界中に事業を拡大するまでに成長。

現在はNASDAQ OMXに上場しています。

業績を確認すると、通期売上は100億ユーロ(1.2兆円)、営業利益は12億ユーロ(1,522億円)となっています。

Vestasは世界79カ国に風力発電タービンを輸出。

Vestasが製造した風力発電タービンよる発電量は、全世界の風力発電量の17%を占めています。

2016年12月にはVestasと三菱重工業の合弁による洋上風力発電メーカーが世界最高出力の風力発電タービンの連続運転に成功

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
欧米
2018年07月19日 12:00

上場後の底値から株価3倍以上!ソーラー発電など再生エネルギーを手がける「レノバ」の状況を整理

コスト構造の変化
借入金は491億円に増加
2021年までに現状の3倍以上の発電容量を予定

先週、上場前後からワッチしている「レノバ」の決算が出ているのでまとめておきたいと思います。

レノバは、ソーラーやバイオマスまど、いわゆる「再生可能エネルギー」の活用をミッションとして掲げている会社です。

2018年09月29日 12:00

第一顧客はGoogle!NASAのプロジェクトから始まったクリーンエネルギー企業「Bloom Energy」が新規上場

eBayのデータセンター電力コストを20%削減
顧客全体の発電能力は328メガワット
売上原価率が大幅に改善
全世界2.4兆ドルの電力市場に挑む

燃料電池を使った発電システムを開発する「Bloom Energy」がニューヨーク証券取引所に新規上場しました。

公式HP

2018年10月08日 20:00

家庭向け電力の売上が3倍増!国内最大級のバイオマス発電所を持つ再生エネルギー企業「イーレックス」

発電から販売まで全プロセスをカバー
家庭向け電力の売上が前年から3倍以上増加
コスト構造と財政状態
バイオマスエネルギー市場規模は9,864億円に拡大

今回はバイオマス発電を手がける再生エネルギー企業「イーレックス」について取り上げます。

公式HP

2018年12月03日 07:00

自治体を支えるプラットフォーマー!60億円の財源確保に貢献してきた成長企業「ホープ」

自治体を支えるプラットフォーマー!60億円の財源確保に貢献してきた成長企業「ホープ」
卒業と同時に地元・福岡で起業。創業から1年8か月でようやく初の契約を獲得
18/6期の通期売上は22.7億円(+28%)、創業以来約60億円の財源確保に貢献
売上の60%以上(14.5億円)が広告代理サービス。給与明細などあらゆる遊休スペースを活用
メディア制作サービスの売上が6.0億円(+67%)と成長を牽引。授乳室の設置も開始
体制強化で人件費が上昇。現在の時価総額は14.4億円
19/6期は30%増収を掲げる。自治体と企業をつなぐプラットフォーマーとして事業を多角化し、電力販売事業にも参入

今回ピックアップしたいのは自治体支援サービスを手がける「ホープ」(証券コード: 6195)です。

公式HP https://www.zaigenkakuho.com/

2018年12月13日 07:00

M&A攻勢で20%増収!電力事業も伸びてる「エイチ・アイ・エス」2018年10月期決算

M&A攻勢で20%増収!電力事業も伸びてる「エイチ・アイ・エス」2018年10月期決算
通期売上は7,286億円(+20%)、営業利益180億円(営業利益率: 2.5%)
M&Aによるインバウンド需要取り込みで大幅な増収(現地法人売上+45.7%)。フランス渡航が前年比35%増
ハウステンボスの入場者数は272万人と停滞気味(-16万人)。「電力小売」がセグメント売上を押し上げる(+146%)
売上成長率が最も高いセグメントは「ホテル」事業(+47%)。買収した台湾のホテルが3割以上を占める
今期のフリーキャッシュフローはマイナス。現在の時価総額は2,819億円
19/10期は売上7,860億円を掲げる(+8%)。引き続きM&A推進で「グローバルインバウンドプラットフォーム」構築へ

日本を代表する旅行会社「エイチ・アイ・エス」(証券コード: 9603)の2018年10月期決算が発表されました。

2018年10月期決算説明資料